パチンコ銭形平次、ルパン、北斗の拳…秋の新台の狙い目は?【ギャンブルライター・浜田正則コラム】
(イラスト/玉三郎)

 今年の秋はCR時代に大ヒットした機種の後継機が目白押し。というか、ヒット機の焼き直しは今年全般にいえるトレンドですね。

 9月アタマにリリースされた新台は、かつてなら、タイトル一つ一つが1店あたり、単体でひとシマまるごと20台~複数シマで計100台なんていう規模で導入されていた錚々たるラインナップで、メーカーも他社の本命リリースとタイミングが被らないようにしていたものでした。そんな大物が同時にリリースされるというのが、いかにパチンコの新台が弱くなったかを物語っています。

 ちなみに主なラインナップはこんな感じ。

『P銭形平次2(高尾)』
『Pルパン三世~神々への予告状~(平和)』
『P北斗の拳8覇王(Sammy)』

 この中で狙い目は、まあ一旦は「全部」ですね。店での調整も、全台アケから全台シメまであり得ます。そこから色々と店側の試行錯誤やファンのリアクションが加味されて、シマに定着するか即消えするか、進路が分かれていくでしょう。なので最初はガラガラポンの要領で好きな台に座ったらいいと思います。試しに打って渋けりゃ即ヤメ、これで行きましょう。

■タイプ別指南8「辛抱強い・飽きやすい」

1)データ派・直感派
2)1台をずっと打つ派・フットワーク派
3)ハイリスクハイリターン派・ローリスクローリターン派
4)財力がある・無い
5)平日派・休日派
6)短時間派・長時間派
7)郊外・都会
8)辛抱強い・飽きやすい

 シリーズでお届けしている、タイプ別の指南も今回でラスト。最後は(8)「辛抱強い・飽きやすい」です。辛抱強いことは、強みか弱みか? バクチの根幹に迫ります。

  1. 1
  2. 2