田中みな実・弘中綾香、“ひりつく女の戦い”を山里亮太が暴露「俺はしびれた」の画像
左=田中みな実・右=弘中綾香

 南海キャンディーズ山里亮太(42)が、フリーアナウンサーの田中みな実(32)とテレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(28)が初共演した番組でのエピソードを語っていた。

 この発言があったのは、9月18日深夜放送のラジオ番組『JUNK 山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)でのこと。番組開始から30分ほど過ぎた頃、山里は13日に行われた単発番組の収録について語り始めた。

 山里は田中について「テレビ出まくってるじゃん。女優さんっていう肩書も持ちながらやってる」といい、弘中アナについては「局に勤めてる状態での、田中みな実的なポジションで、今、筆頭なんじゃないかな」と評価。そして、今回の番組のテーマは「あざとくて何が悪い」で、あざとい女の行動を再現VTRにしてそれがどうあざといかを田中と弘中アナが解説し、山里はあざとさに翻弄される男の目線で語る内容だったという。

 また、田中と弘中アナはスタジオ収録が初の顔合わせになるよう段取りされていたそうで、山里に呼び込まれた2人が同時に登場したときのことを「出てきたときの“ひりつき”、私、忘れられません」と、まるで巌流島の対決のような緊張感だったと明かした。

 続けて山里は、田中が「本当かわいいね。本当に私の好きなタイプの顔」と弘中アナを褒めると、弘中アナは「いや、そんなことないですよ」と謙遜。さらに「本当、私もすごい憧れてて、うれしいです、こういうかたちでご一緒できるの」と弘中アナが返すと、田中はそれに「ふふっ、思っていないのに」と言い捨てたという。

 すると、弘中アナは「本当、思ってますよ!」と言い返したそうで、山里は「途中から俺、早すぎて何も見えなかった。2人のこぶしが交わるスピードで、俺、目がカラッカラに乾いて、最終的に泣いてたからね。スーッて」と、収録序盤から2人の応酬に圧倒されたと明かした。

 また、VTRを流す前の“タイトル振り”を撮るとき、先に収録した田中は、女優もやっているだけあって、いろんなパターンを完璧に行ったという。そして、後から行う弘中アナに対し「私、いろんなパターンやっちゃったから。かぶっちゃダメだから大変だよね」と、嫌がらせのように牽制したという。

 これを見ていた山里は、後攻めの弘中アナが絶対に不利だと思ったそうだが、弘中アナは、お手並み拝見とばかりに見ている田中の前で、スッとセットにあったイルカのぬいぐるみを抱き、見事に別パターンの“タイトル振り”を披露。山里は「俺はしびれた」と弘中アナを称賛すると、その時、田中が「クッ」と悔しそうにしていたと暴露していた。

「この番組は9月27日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)で、収録が終えた直後、山里は自身のツイッターで、“スタジオにあざとい界の二大巨頭が…とてつもないパワーでした”と投稿していました」(テレビライター)――見逃せません!