ハライチ・岩井勇気
ハライチ・岩井勇気

 9月26日、初の著書となるエッセイ集『僕の人生には事件が起きない』(新潮社)を出版したお笑いコンビ・ハライチの岩井勇気(33)が、都内で開かれたトーク&サイン会に出席した。

 発売後すぐに本の増刷が決まったことについて岩井は、「まず何冊刷られたんだっていうのが気になって。新潮社も見くびってたんじゃないかと思いますね」と答え、本の担当者も含めた大爆笑がおこった。

【ハライチ・岩井勇気が初めての著書を通して自分の生き方や世の中について熱く語る独占インタビュー動画を以下でお楽しみください!】

https://youtu.be/DrKoPhLWxgc

 また、相方の澤部佑(33)がこの本を読んだか問われると、「読んでいないし、読んでほしいとも思わない」と即答。「澤部に感想をもらっても誰にも響かないし、創作をしない人間なんで別に評価をもらっても……」と語り、再び会場は笑いに包まれた。

 記者からは、この日のトークゲストで同期芸人のサンシャイン池崎が、最近ネコについての本を出版したことについて、同じ“ネコ好き芸人”としてどう思うか、という質問も。

 これについて岩井は「正直イラっときてますね。そもそも猫の魅力を教えてあげたのもボクだし」と話し、「色々なところで紹介されている“池崎が猫と一緒に写っている写真”があるんですが、アレはぼくが撮ってあげたのに、何の許可も撮らずに使ってるんですよ」とらしさ全開の怒りトークを披露。

 本の印税を何に使うか問われた場面では、「あんまりお金に頓着がないんで」と前置きしつつ、「実家を新しくしてあげますかね。最悪、食いっぱぐれてもその家に帰ればいいので」と回答。「芸能界を干されても帰る家があるって思えば、発言に気をつけなくて済むんで良いかもしれませんね」と答え、ここでも独自のスタンスを明らかにした。

 著書について岩井は、「芸能人も派手な生活ばかりしているわけではなくて、地味な部分もいっぱいあるということを書きました」と説明し、「そういうことを書くことで、『自分は何て平凡な人生を送っているんだろう』と思っている人たちに、『そんなことないよ』と思ってほしい」と語った。

あわせて読む:
・サンシャイン池崎「泣いた」と絶賛『キンプリ』がトレンド1位獲得
・嵐・大野智「2021年」完全引退で宮古島移住と「ジミー大西」宣言
・元乃木坂46アナが「期待外れ」で「女子アナ墓場」に飛ばされた!?