巨人・原辰徳VS日本代表・稲葉篤紀「イチロー争奪戦」
写真はイメージです

 今春の開幕戦直後に電撃引退した“孤高の天才”。今後の動向に注目が集まる中、各球団首脳にマル秘動きが!!

「将来はまた楽しい野球をやりたい。たとえば草野球。プロ野球でそれなりに苦しんだ人間じゃないと、草野球は楽しめないのではないかと思っているので。これからは、そんな野球をやってみたい……」

 3月21日に東京ドームで行われたメジャーリーグ開幕第2戦。その試合後の引退記者会見でイチロー氏(45)は、こう語った。「選手として完全燃焼したのか、すがすがしい会見でしたね。“草野球をやりたい”というのも、いかにもイチローらしいなと思いました(笑)。ただ、本気で草野球構想が始動するとは、思っていませんでしたね」(スポーツ紙デスク)

 今季、メジャー開幕2戦目に出場した直後、電撃引退を発表したイチロー氏。現役生活は、日米合わせて28年間に及んだ。そのイチローが、引退発表からちょうど半年後に、草野球チームを立ち上げたと明かしたのだ。「チーム名は『KOBE CHIBEN』。イチローが選手兼監督で、オーナーも務めるとか。メンバーは現役時代、イチローの自主トレをサポートしてくれた友人が中心。オフに行われる初戦の相手は高校野球の強豪・智弁和歌山高校の教職員チームで、将来的には草野球のリーグも立ち上げる意向のようです」(前同)

 ついに動き出したイチロー氏だが、球界首脳陣は気が気でないという。「2016年にメジャー通算3000本安打を達成したイチローの評価は、松井秀喜よりもずっと上。引退を機に、“世界のイチロー”を我がチームへと、秋波を送る球団も少なくない。その筆頭が、侍ジャパンこと野球日本代表チームです」(球界関係者)

 侍ジャパンは、来夏の東京五輪で金メダル獲りの期待がかけられている。「自国開催ということもあり、“野球強国”日本の名に懸けて、是が非でも負けられない。稲葉篤紀監督は責任重大でしょう」(前同)

 その稲葉監督がすがるのが、イチロー氏だという。「15、16年と侍ジャパンの打撃コーチを務めたあと、17年に指揮官に就任した稲葉さんは、監督就任が決まると、イチローに“どこかのタイミングで(代表チームに)来て、声をかけてほしい”とメールしたことを明かしています。イチローは“タイミングが合えば行かせてもらいます”と、申し出を快諾したと言いますが、今のところ、その気はないようです」(専門誌記者)

 ただ、“脈なし”ということでもないようだ。「9月11日に、侍ジャパンを運営するNPB(日本野球機構)エンタープライズが稲葉監督以下、侍ジャパンのコーチ陣を発表しましたが、打撃コーチだけ不在なんです。運営側は“後日、適任者を発表する”としていますが、これは稲葉監督が、“イチロー用に打撃コーチの枠を空けているから”だとか」(前同)

 稲葉監督のみならず、運営側もイチロー氏の入閣を熱望しているという。「前任の小久保裕紀監督が退任する際、後釜の最有力候補だったのは原辰徳さんだったんです。東京五輪も控えていたため、運営側は実績があるビッグネームが欲しかったわけです。ただ、当時の原さんは週刊誌にすっぱ抜かれた“1億円愛人”問題で係争中だったため、コンプライアンス上の理由からオファーが出せなかった。それで、稲葉さんにお鉢が回ってきたんですよ」(同)

 スッタモンダで白羽の矢が立った稲葉監督は、“本命候補”ではなかったのだ。「失礼ながら、稲葉さんでは集客は難しい。これまでも、王貞治さん、星野仙一さんなど、大スターが代表監督を務めてきましたからね。でも、稲葉ジャパンにイチローが入れば、話題性は抜群。運営側は、五輪直前の臨時コーチでもいいから、イチローに参加してほしいんです」(同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4