岡田准一(V6)
岡田准一(V6)

 10月10日発売の『女性セブン』(小学館)が、V6岡田准一(38)と女優の宮崎あおい(33)夫妻が、息子とともに、京都の「御金(みかね)神社」を参拝したと報じた。

 御金神社は、二条城にほど近い場所にあり、黄金の鳥居がそびえ立ち、金運アップのパワースポットとして知られ、平日でも行列ができるほどだという。

『女性セブン』によると、岡田と宮崎は顔を隠すこともなく、堂々と御金神社を参拝していたという。御金神社について、神社巡拝家の佐々木優太さんに詳しく話を聞いた。

「御金神社に参拝させていただいたときのことを、今でもよく覚えています。境内や授与品の至るところに『金』の文字があふれていました。御金神社の御祭神は、『カナヤマヒコ』という神様です。カナヤマヒコは鉱山や鉱物のカミとして、昔から信仰されてきました。境内にあふれる『金』の文字。それは『お金』を表しているのではなく、金属に由来するものなのです。

 それがいつの頃からか、読んで字のごとく金運の神様として信仰されるようになったようですね。昔の金属も今のお金も、貴重なものに変わりはありません。参拝するときは、その貴重さや大切さに感謝することを忘れずにいたいですね。そんな人にこそ、ご利益があるのかもしれません」(佐々木さん)

 他にも金運にいいとされる神社があるという。

「岐阜県垂井町にある『南宮大社(なんぐうたいしゃ)』。こちらは名古屋から電車を乗り継いで1時間ほどの垂井駅から徒歩20分の場所にあります。御金神社と同じく、御祭神はカナヤマヒコです。『名神大社』といって、特に力の強い神様が鎮座する神社と言われています。

 東北では、宮城県石巻市に鎮座する『金華山黄金山(きんかさんこがねやま)神社』でしょうか。同地は日本で初めて金が産出された地と言われています。金華山黄金山神社は島に鎮座しており、船でしか行くことができません。3年連続で参拝すると、一生お金に困らないと言い伝えられています。また、関西ですと、兵庫県西宮市にある『西宮神社』も。こちらに祀られているのは、エビスさまです。七福神のひとりで、釣り竿を持つ姿で描かれます。『大漁の神様』とも言われ、それにあやかって金運も呼び込めるかもしれません」(佐々木さん)

 今年5月には、世田谷区の高級住宅街に推定5億円とも言われる豪邸が完成したばかりの岡田・宮崎夫妻。仕事もプライベートも順調なのは、日頃の神社巡りのおかげなのかも!?

 

【プロフィール】
佐々木優太(ささき ゆうた)
神社巡拝家、ラジオパーソナリティー。昭和59年7月7日生まれ、兵庫県出身。これまでに参拝した神社は1万以上、拝受した御朱印は3600を超える。神社の歴史や文化への造詣も深く、神職や一般の方に向けた講演会活動なども行う。近著に『全国1万社を巡った僕が見つけた 開運!あやかり神社』(双葉社)。