ミス東スポとセキネが超豪華メンバーの天皇賞を大予想!

 生配信でお送りする日刊大衆競馬予想。

 この秋シーズン、絶不調状態が続いていた。今回の菊花賞予想から新たに始めた勝負レース、これもまた2人の予想は土曜日に2連敗。もはや逆神予想としての地位を確立か!?

 そんな状況で迎えた菊花賞。ここでセキネ記者の本命、ワールドプレミアが見事勝利! 馬券の事はとりあえず置いといて(なぜ3連単? しかもなぜ2~3着を裏返さない?)、連敗脱出ということでいいでしょう。しかしながら、美女ゲストたちの外しっぷりが気になるところ。こちらは本当にかすりもしない。ゲストの予想を外す、というのが一番有効な馬券術かも!?

 …さ~て今週は超豪華メンバー、第4弾の天皇賞・秋である。かつてないほどのG1馬が揃い、穴予想は少し無謀な気もするが…。歴史に残る伝説の一戦になることは間違いないだろう。

 一番人気は、最強牝馬・1枠2番アーモンドアイ。1倍台の人気になりそうだ。ルメール騎乗、安田記念も負けたとはいえ、スタートで不利を受けた上での差のない3着。そして東京向きの差してくる脚質。休み明けとはいえ、ここは負けられない一戦だろう。だが、当然ながら相手も揃っている。

 二番人気は、3歳最強・サートゥルナーリア。4~5倍台の人気になりそうだ。神戸新聞杯では、菊花賞3着のヴェロックスを相手にせず。ロードカナロア産駒だけに、皐月賞を勝った2000メートルが一番競馬をしやすいはず。鞍上も乗り替わりだが、スミヨンは決してマイナスにはならない。

 続く三番人気は昨年のダービー馬・7枠14番ワグネリアン。10倍前後の人気か。今年はイマイチの成績だが、この馬も府中の2000がベストのタイプ。このくらいの人気の福永も一番来そうな感じがする。外枠がどうでるか。

 差のない四番人気は、安田記念で不可解な最下位に沈んだ5枠9番ダノンプレミアム。こちらも最終的には10倍前後の人気になりそう。先行力からの直線の粘りが自慢なだけに、安田記念でのスタートの不利は致命的。休み明けも問題なく、東京2000メートルもベストのコース。もう少し内枠に入りたかったところだが…。

 ほかにも昨年の大阪杯を制したスワーヴリチャード、皐月賞・大阪杯を勝ったアルアイン、マイル功者アエロリットなど、凄すぎるメンバー構成となった。

 この一戦を予想するのは、セキネ記者と知香里。ミス東スポ2018グランプリの彼女。昨年も奥川チカリとして、菊花賞を予想してくれたが、今年から改名した。そんな2人の予想や、いかに!?

先週から始まった勝負レースにも、早くもハプニングが!? 終盤には、運気を高める怪しい情報も出てくるぞ。気になる予想は、ぜひ下記からご覧ください!

https://youtu.be/r8B_2d8nJ_M

あわせて読む:
・1億円超え連発! セキネ記者のセレクトセール密着取材【「POGの王道」特別企画】
・宝塚記念でダイコンピ指数炸裂、有終の美! 秋G1もご期待ください!
・「馬のオーラが見える」タレント・茜音愛の競馬予想の実力は本物か!?