香取慎吾・草なぎ剛(新しい地図)
香取慎吾・草なぎ剛(新しい地図)

 元SMAP香取慎吾(42)が、2020年1月1日に1stアルバム『20200101』(ニワニワワイワイ)をリリースすることが、11月1日に発表された。

 このアルバムは、東京オリンピック・パラリンピックの開催年である2020年を“最速で盛り上げる”ため、「皆でワイワイ楽しもう!」をテーマに掲げ、制作されたという。

 また、フィーチャリングアーティストとして、BiSH、氣志團KREVA(43)、SALU(31)、スチャダラパー、SONPUB/向井太一、TeddyLoid/たなか、WONK、yahyelなどの豪華アーティストらが参加し、香取自身も楽曲制作に携わったという。

「KREVA、SALU、スチャダラパーと、ヒップホップアーティストが多数参加しているので、アルバムでは香取のラップも聴けるかもしれません。また、来年2月からは『新しい地図』のファンミーティングが全国6か所で開催されることも決定しました。ファンミーティングの場では、香取がアルバムに入る新曲を披露するのではないでしょうか。ただ、気になるのは発売日です。香取の1stアルバム発売の1週間後には、同じく元SMAP・木村拓哉(46)の1stアルバムの発売が控えているんです」(レコード会社関係者)

 9月29日、木村が自身のラジオ番組『木村拓哉 Flow』(TOKYO FM)の中で、来年1月8日にソロアルバム『Go with the Flow』を発売することを発表した。

 アルバムにはB‘zの稲葉浩志(55)、[ALEXANDROS]の川上洋平(37)、LOVE PSYCHEDELICO、森山直太朗(43)といった木村のラジオ番組にゲスト出演した面々に加え、SMAPの代表曲『世界に一つだけの花』を生み出した槇原敬之(50)、いきものがかりの水野良樹(36)などの豪華アーティストらが楽曲を提供することが明らかになっている。

「木村のほうも、香取のアルバム同様に豪華アーティストが楽曲提供をするということで発売が今から楽しみです。ただ、木村のアルバム発売発表が9月29日、香取がその約1か月後の11月1日。それも発売日を木村の1週間前に設定したのは、“あえて”木村にぶつけてきたのではないかと考えてしまいますよね。

 また、2人が同じ歌番組に同じ日に出演することはないとは思いますが、ランキングでは木村と香取のアルバムが1位2位に並ぶ可能性もあります。SMAPファンには嬉しいでしょうが、ジャニーズ事務所としては“勘弁してよ”といった感じかもしれませんね」(前同)

 来年1月に発売される木村と香取のアルバム。香取がラップで木村をディスる……なんてことはさすがにないですよね?