佐野SA再スト突入!一方で前社長は仰天の「ライザップ準優勝」!
佐野サービスエリア

 今年の夏、従業員がストライキを行ったことが話題を呼んだ、東北道・佐野サービスエリア(SA)。

「佐野らーめん」が名物の佐野SA(上り)をめぐっては、店舗を運営する「ケイセイ・フーズ」が、現場を取り仕切る加藤正樹総務部長を解雇したことを発端に、岸敏夫社長(当時)と従業員が対立。お盆休みの真っ只中の8月14日より、従業員がストを行う事態に発展。

 9月中旬に、会社側から従業員の職場復帰や、岸社長の退陣の申し入れがあり、スト解除の決定がなされ、ほとんどの従業員が職場に復帰した。

「岸社長が退陣し、新たに就任した福田紳一社長が呼びかけ、加藤氏ら従業員の職場復帰が決まりました。ところが、しばらくすると福田社長や会社側の態度が一変。夏のストが違法だったとして会社側が組合側に1日あたり800万円の支払いを求めているんです」(スポーツ紙記者)

 会社側の主張によると、今夏のケースは正式な手続きを経ておらず、法律で認められるストにあたらないとし、会社側が労働組合側に損害賠償を求め、さらに、11月6日には会社側が加藤元総務部長に自宅待機を命じている。

 11月8日、労組側と支援者が今夏のストを適法だと認めるよう抗議し、加藤氏の現場復帰を求めるためストに再突入。再び大きな波紋が広がっている。

「夏のストは、今年7月に従業員側が“厨房にエアコンを入れてほしい”と訴えたことを発端に始まりました。夏の厨房の暑さは40度を超え、そんな状況で仕事をし続けたら気を失ってしまう。職場環境を改善するため会社側と従業員側が交渉をしていました。その真っ只中に、岸社長は、ライザップ主催の大会『BODY MAKE GRANDPRIX 2019』に出場していたため、従業員から大ヒンシュクだったといいます」(前出のスポーツ紙記者)

  1. 1
  2. 2