「リプトンティーアイス・タピオカミルクティー」味、パピコ「デザートショコラ」味をバッサリ!アイスジャーナリスト・シズリーナの「辛口アイス試食会」新作レビュー
パピコ<オトナの濃厚ジェラート デザートショコラ>

 最新アイスから、ずっと気にはなっているけど、なかなか手を伸ばせずにいるアナタの気になるアイスを、年間4000種類以上のアイスクリームを日本全国食べ歩き、オリジナルレシピ「雪見カレーヌードル」が話題沸騰のアイスジャーナリストのシズリーナが、辛口レビューしちゃいます!

「〜辛口アイス試食会〜#1」

■アイスクリームの上半期販売実績を噛み締めながら新作冬アイスをレビュー

 アイスは夏の風物詩というのは過去の話。アイスクリームの販売金額推移に目を向けると2019年度上半期(4-9月)の販売実績では、気温が低く日照が少ない状態が続いたせいか、3,125億円(前年比96.5%)だったんですよ。しかしながら、2011年から2018年度までは7年連続で成長し続けているアイス業界。2018年度では、5,186億円と史上最高記録を更新しています。

 この躍進の秘密は、冬でもアイスクリームの消費が拡大していて、各アイスメーカーがこぞって冬に濃厚系のクリームタイプやチョコレート系の200〜300円前後の商品をメインに発売しているからなんです。

■アイスクリームの食べごろは気温と密接に関係していた

 一般的にアイスクリームは気温が22℃を超えるとクリーム系が好まれ、30℃を超えると逆に氷菓やかき氷が売れます。実際、アイスクリームがおいしいと感じる気温は25℃です。また、2月に市場に出回るアイスクリームは卵や牛乳といった原材料が濃厚なため、美味しいクリーム系アイスが食べられるんですよ。

 それでは次のページから、年間4,000種類ものご当地アイスからコンビニアイスまで食べ歩く辛口アイスジャーナリスト・シズリーナが11月18日(月)発売のアイスを最速レビューいたします!

  1. 1
  2. 2
  3. 3