大コケ『ニッポンノワール』低視聴率を招いた3つの誤算
※画像は日本テレビ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』番組公式ホームページより

 賀来賢人(30)主演のドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』の数字が振るわない。初回の平均視聴率は7.8%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だったが、徐々に数字を落とし第6話は6.4%に。さらに11月24日の第7話では6%まで落ち込んで、この秋クールの負け組ドラマになってしまった。井浦新(45)に広末涼子(39)と豪華キャストがそろったのに、どうして失速してしまったのか。

 まず1つめの理由は、話の複雑さ。このドラマはとにかく難解なのだ。「疑い」「裏切り」「秘密」連発のミステリーで、謎がどんどん深まる作りになっている。ミステリーとしての面白さはあるのだがあまりにも難しくて、それを味わう前に見るのをやめてしまう人も少なくない。SNSでは「もうダメかも。ついていけない」「話のスケールデカすぎてついていけない」という声も散見された。

 それもそのはずで、10億円強奪事件の真犯人は清春(賀来賢人)の上司で謎の死を遂げた碓氷(広末涼子)だったり、その犯行動機に半グレ集団にベルムズや、謎の組織であるニッポンノワールと複数の組織が関わっているようだったりと、とにかく複雑すぎるうえに分からないことが多い。ついていけない人続出なのも、納得だ。

 2つめの理由は設定。このドラマは菅田将暉(26)主演で人気を博した『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の設定を引き継いでいるとのことだ。確かに『3A』の登場人物、甲斐隼人役の片寄涼太(25)、熊沢花恋役の堀田真由(21)らがちらっと顔を出しているが、ストーリーには関わってこない。

 そもそも『ニッポンノワール』に彼らが登場する必然性が感じられず、逆にドラマをより分かりにくいものにしてしまっている。『3A』の半年後から話がスタート、という設定で『3A』ファンを引き込んだはいいものの、登場人物の変化や成長はほぼゼロ。あのキャラがこんなふうになったという、続編ものにある感動がなく、『3A』ファンの多くは失望してしまった。

 3つめの理由はドラマの構成だ。同じミステリーの『3A』は熱心に見ていたけれど、『ニッポンノワール』は見ていないという話はよく耳にする。というのも、同じミステリーでも『3A』と、この『ニッポンノワール』は作りがまるで違うのだ。

  1. 1
  2. 2