『バチェラー』“やらせ疑惑”に2代目小柳津林太郎が言及「えー!?って思う部分もあります」
※画像は小柳津林太郎のオフィシャルブログより

 リアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』の2代目バチェラーを務めた小柳津林太郎(38)が28日、自身のオフィシャルブログを更新。11月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、出演者や番組関係者への取材から“やらせ”疑惑を報じたことに言及した。

 小柳津はブログで「やらせなの?」「台本はあるの?」という視聴者の疑問に「結論からいうと、制作側は“ある程度”のシナリオをたてています。いや、たてざるおえないのです。そもそもたてないと、制作現場は何も進まないわけです」と制作側で大まかなシナリオをたてて、撮影が行われていたことを告白。続けて「でも、前提デートシーンのプランニングは、事前にキャストと話して、僕という人間の趣味趣向を理解してもらっている前提で、一緒に企画しているのです」とあくまでバチェラー主体の企画であると主張した。

 また、デートシーンの撮影一つとっても、ロケハンをする(撮りたい絵のイメージを沸かせる)、撮影許諾をとる、スケジュールを押さえる、カメラテストをするなどのさまざまな工程があると前置きしつつ「デートシーンの撮影は、1テイクです。言わば、一本勝負です。リテイクはないのです。カクテルパーティや、ローズセレモニーなんて、もっての他です」と常にガチンコ勝負であると言い切った。

 さらに「そりゃカットになった、デート、シーンは山ほどありますよ」といい、「えーーー!?って思う部分もありますよ。でも、尺が限られいているエンターテインメントだからこそ、しかたないのです。ぼくが女性陣に料理をふるまった...は内緒ですW」と撮影秘話も明かしている。

※画像は小柳津林太郎のオフィシャルブログより

あわせて読む:
・横浜流星?ジャニーズ?バチェラー?ゆしんの10年前のパスポート写真が「イケメンすぎる」
・指原莉乃、バチェラー「番組ぶっ壊し」地獄結末も激怒我慢の大人対応
・『バチェラー』公式も友永氏にブチギレ?フォロー外しで“永久追放”危機!!