「米津玄師は100%出ない!」NHK紅白に「事前お断り」!
画像はイメージです

 11月14日、大みそかに放送される『第70回NHK紅白歌合戦』の出場アーティストが発表された。

 出場歌手は、紅組21組、白組20組の計41組。

 初出場となるのは、白組はKis-My-Ft2GENERATIONS from EXILE TRIBE、Official髭男dism、菅田将暉(26)、King Gnuの5組。紅組は日向坂46、Foorin、LiSAの3組の、計8組となった。

 さらに11月22日、初出場が有力視されていた、竹内まりや(64)の出場もアナウンスされた。

「気になるのは、今年も米津玄師(28)が出場するのかどうかです。12月5日、NHKが定例会見を行い、紅白の担当者が、サプライズでの出演者の可能性について“ギリギリまで精一杯やらせていただきます”と繰り返しましたから、期待が高まります」(スポーツ紙記者)

 今や日本ポップミュージック界の“顔”になったと言える米津。NHKサイドとしても、是が非でも紅白に出場して欲しいところだろう。だが、レコード会社関係者はこう話すのだ。

「米津の出演は“100%ない”と言われています。というのも、米津サイドはNHKに対して、“今年は出ません”と明確に伝えているというんです」

 昨年、放送直前の12月26日になって、米津の紅白出場が発表された。米津は、地元・徳島の大塚国際美術館からの生中継で大ヒット曲『Lemon』を歌唱。米津の登場シーンは視聴率44.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という大きな注目を集めた。

「米津は今年初出場となる菅田将暉の『まちがいさがし』、Foorinの『パプリカ』の2曲のプロデュースを手がけています。NHKとしては、菅田とFoorinと合わせて、米津も紅白に……という思いもあるのでしょう。昨年はどうにかギリギリで出演を実現することができましたが、今年はすでに米津サイドはしっかりと断りを入れていることもあり、“2019年は厳しいだろうな……”と見る、音楽業界関係者がほとんど。今回で出たら、“真のサプライズ"だともっぱらですね」(前出のレコード会社関係者)

 沢尻エリカ問題での大河ドラマ再撮影などで、てんやわんやのNHK。ギリギリまで交渉を続け、まさかの大逆転で米津の紅白出場を叶えることができるだろうか――。

あわせて読む:
・米津玄師はどうなる?『紅白歌合戦』特別枠乱発に見える危機
・GLAY、LUNA SEA、スピッツ、紅白は「90年代スターバンド」祭り?
・堀田茜、菅田将暉の「新恋人」報道で出川ガールズ「クビ」危機!?