巨人軍・長嶋茂雄「永遠のミスタープロ野球」すごすぎ伝説•名言
写真はイメージです

 ミスターがいないと野球はつまらん――そうお嘆きのオールドファンに記憶に残る傑作エピソードを特選!

 巨人逆転のチャンス……。「審判! 代打、元木」 長嶋茂雄監督が代打を告げる。バッターボックスへ向かう元木を手招きして、ミスターはこうささやいた。「いいか大介、打つと見せかけて、ヒッティングだ」 ご存じ、有名な“ミスター伝説”の一幕だ。

 王貞治氏とともに巨人のV9の中心選手として活躍。現役引退後も、監督として球界の話題を独占した不世出のスーパースター。その一挙一動は、常に注目されてきた。「おとぼけエピソードが多いのは、ミスターの尋常ならざる集中力のなせる業。あの人は、一つのことに集中すると、他のことが“お留守”になるタイプ。まあ、天性のアスリートと言うべきかもしれませんね」(長嶋氏を知る球界関係者)

 2019年シーズンで現役を引退した阿部慎之助(現・二軍監督)の東京ドーム最終戦(9月27日)。巨人軍終身名誉監督として、長嶋氏は、阿部激励のために久しぶりに球場に足を運んだ。「両脇を球団職員に抱えられながらの歩行でしたが、顔を見ると血色、肌つやともよく、リハビリが順調に進んでいることが分かりました。春季キャンプの視察は難しいでしょうが、開幕戦を含め、来季はドームでミスターの姿を目にすることが増えるはずです」(巨人軍関係者)

 ミスター秘話として真っ先に思い出されるのが、“食”にまつわるもの。とにかく、豪快なのだ。「ミスターとは何度も食事をしていますが、メロンの食べ方は本当に異様。レストランで食後に出てくるメロンを必ず、二口で食べてしまうんです(笑)。 ふぐの食べ方も同じです。当時、銀座の並木通り沿いに読売関係者御用達の割烹屋があったんですが、ミスターは、ふぐ刺しを箸でツーッとまとめて、一口で食べてしまうんですよ。ちなみに、金田正一さんも、ミスターと同じ食べ方でしたね」(前出の球界関係者)

 美食家で知るミスターだが、こんな仰天証言も。「あれは、1999年シーズンのオープン戦でした。長嶋巨人はオープン戦を優勝し、協賛していたサントリーから賞金1200万円をゲットしたんですよ。ミスターは、賞金は選手とコーチ全員で平等に分けろと指示。秘書が“約50人いるので、1人24万円くらいになります”と伝えると、ミスターは、“ふ~ん、ちょうど1食分になるじゃないか”って。1食20万円を超えるって、どんな食事なんでしょうか(笑)」(スポーツ紙デスク)

 この感覚は、長嶋家で育った息子の一茂氏にも受け継がれているという。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4