松本潤(嵐)
松本潤(嵐)

 12月12日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)にNEWS加藤シゲアキ(32)が出演。加藤と松本潤(36)との“金田一対決”が大きな話題となった。今回、12月21日放送のドラマ『悪魔の手毬唄〜金田一耕助、ふたたび〜』(フジテレビ系)で金田一耕助役を演じる加藤が、悪魔の手毬唄チームを率いて嵐チームとゲーム対決に参戦した。

 その中で特に注目を集めたのは、2人1組で、壁にあるポイントつきのボタンを押しながら頂上を目指す競技“クリフクライム”。このクリフクライムで加藤は、49秒残しという驚きの記録を見せた。これに対戦相手の嵐チームの松本が「やっぱね、じっちゃんが頑張ったから。孫としてはね、頑張りますよ」と発言するとスタジオのファンたちからは大きな歓声が起こった。

 というのも松本は、今から18年前、2001年にドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)で金田一耕助の孫、金田一一役を演じており、今回の勝負は図らずも“祖父VS孫”という奇跡的なコラボになったからだ。松本は「じっちゃんには負けられない」と意気込みを語り、スタート直前には金田一一の名ゼリフ「じっちゃんの名にかけて」を口にし、歓声を浴びながらスタート。加藤もこのコラボに興奮したのか、勝負を忘れ「孫!」「孫! 頑張れ」と熱い声援を送っていた。この金田一対決の結果、軍配は加藤に上がったが、その差がたった1秒だったと聞いた松本は倒れ込み、「やっぱじっちゃんすげーなー」と悔しがりつつも、加藤を称えた。

 この思いがけない金田一対決にネットでは、「松本潤さまの金田一がまた見れるなんて」「じっちゃん(加藤シゲアキ)と孫の金田一少年(松本潤) 顔面強い……」「金田一つながりで“じっちゃん”を連呼してくれる松潤が素晴らしい」「“じっちゃんの名にかけて”を久々に聞いてテンション上がったわ」「まさか金田一のじっちゃんと孫の絡みが実現するとは……笑」「年上の金田一少年と年下のじっちゃん」など視聴者も大興奮だった。

 今回で年内の『VS嵐』は最後、次回1月3日の放送はジャニーズの先輩、木村拓哉(47)が“BABA嵐”に参戦することが予告されていた。新年からの熱い戦いにも期待しよう!

あわせて読む:
・大野智は4位、嵐で次に「結婚しそう」なメンバーは?
・嵐・櫻井翔は流行に敏感?「素敵なクリスマンスプレゼントをくれそう」なジャニーズ
・太田光に批判殺到、NEWS・加藤シゲアキの晴れ舞台つぶしで