香取慎吾(新しい地図)
香取慎吾(新しい地図)

 12月20日発売の『週刊文春WOMAN』(文藝春秋)で、元SMAPで現在は『新しい地図』として活動する香取慎吾(42)が、ロングインタビューに応じている。

 2020年1月1日、1stアルバム『20200101』(ニワニワワイワイ)をリリースする香取。これについて「グループのときは、Aメロのこの2行のソロとサビだけでレコーディング終了ということもよくあった(笑)。当時と比べると、全部自分で歌うとこんなに大変なのかって」と、ソロアーティストとしてレコーディングすることの苦労と喜びを語っている。

「さすが『週刊文春WOMAN』だなと思ったのは、1月8日に同じく1stアルバムをリリースする木村拓哉(47)のことについても香取に質問しているんです」(女性誌記者)

 木村も同じ時期にアルバムをリリースすることについて香取は「そう、ですね。……ビックリです」とつぶやきつつも、「嬉しいですけどね、なんか。自分も、こうやって好きな音楽がやりたくて。たまたまアルバムをリリースするタイミングが同じになったけど、ずっと僕らは一緒に歌を歌ってきたから……。歌を、一人でも歌いたいんだっていう気持ちを知れたことは、嬉しいかな」と、木村も歌を歌いたい気持ちでいることを知れて嬉しいと話した。

「12月3日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、木村が、SMAPメンバーの中で、自分だけが音楽活動を本格化させているように見えることを心配していたと報じています。SMAPファンからの批判も気になったのかもしれませんね。ただ、香取が同じタイミングでアルバムをリリースすることを知り、木村も安心したのではないでしょうか。今回、香取も木村の音楽活動再開を“嬉しい”と話している。香取と木村の想いは一致していると言えそうですよね。

 SMAP解散騒動の際は、ひとりジャニーズ事務所に残留することを決めた木村に対して、香取が最も怒りを持っていると報じられていました。そんな2人が同じ想いでいるとすれば驚きで、感動的ですらあります。ただ、ひとつ気になるのは『週刊文春WOMAN』のインタビューの中で、香取の口から“木村くん”や”木村さん”と、木村の名前が一度も出ていないことなんです……」(前出の女性誌記者)

 芸能プロ関係者はこう話す。

「新しい地図の取材は、わりとざっくばらんで、NG項目もあまりなく、取材現場も和やか。メディア側からも“やりやすい”と評判が相当いいそうです。ですから、現場では香取も“木村くん”か“木村さん”と話しているのではと思われます。ただ、原稿チェックの段階で、事務所サイドが判断して“木村”の名前を削っている可能性が高いですね。

 一方で、やはり香取は、SMAP解散から3年が過ぎた今でも、木村のことは許してはないとも聞こえてきます。それでもお互いのアルバムリリースを“嬉しい”と話したのは、香取が大人の対応をしたと言えそうですね」

 SMAP解散から3年……それぞれの道を歩む香取と木村の初のソロアルバム。どのような仕上がりになっているか、発売を楽しみに待ちたい。

あわせて読む:
・新しい地図、木村拓哉も霞む快進撃!中居正広との共演も秒読み⁉
・香取慎吾「夫婦ディナー」も、草なぎとダブルで「結婚NG」の深刻理由
・中居正広「10億円新居婚」!? 2020年「SMAPが全員既婚者」になる?