萩原健一、薬物逮捕後の「老婆と傘」で奮起…2019年逝去スター「あの一言」感涙プレイバック
写真はイメージです

 2019年に、逝去した多くの有名人たち。彼らが過去、週刊大衆誌上で語った素晴らしき言葉がいま蘇る!

「もし、ぶつけられたら、相手がゴメンというまで、ぶつけ返す! ロッテのケンカ野球、みんな見に来てや」 血気盛んなプロ野球ファンにはたまらない金言を、本誌に熱く語ってくれたのは、10月6日に逝去した金田正一さん(享年86)だ。この発言は、本誌の1990年2月26日号に掲載されており、「当時、金田監督は57歳。ロッテの監督に就任された直後で、金田キャラを全開にしてパリーグを盛り上げようとしていました」(ベテランのスポーツ記者)

 茶目っ気と気骨を備えた“昭和の男”として、日本を元気にしたカネヤン。今回は、2019年に逝去したスターたちが本誌に語った名言や金言を、いま一度「感涙」プレイバック。スターたちの輝かしい軌跡を振り返ってみた。

 昭和のスターといえば、“ショーケン”こと萩原健一さんを忘れてはいけない。3月26日に10万人に1人ともいわれるGIST(消化管間質腫瘍)のため亡くなった。享年68。「驚きました。本人の強い意思で病気だったことは伏せられていたんです。亡くなる2日前もジムで運動をされており、最後まで諦めずに闘っていたんですね」(ベテラン芸能記者)

 4度の逮捕に3度の離婚と“波乱万丈”の人生を送ってきた萩原さん。83年に薬物で逮捕された直後、仕事も失って、ポケットには電話代の10円もない無一文。事情聴取の後、東京駅から代々木の自宅まで歩いて帰っていたという。「大雨の日に一人トボトボ歩いていると、赤坂あたりで一人の老婆が声をかけてきたんです。“萩原さん?”と聞かれたものの、ショーケンは“違います”と答えたそうです。すると、老婆は萩原のファンであることを語った後、“お兄さん、傘がないのならコレ貸してあげる”と、自分の傘を差し出してくれたというんです」(前同)

 このときのエピソードを、のちにショーケンは本誌(96年5月20日号)で、「あの傘一本が……“ようし、もう一度頑張るぞ”という気持ちにさせた」と明かしてくれたのだ。

 本誌にはお父サン読者も多いとあって、独自の“子育て論”を語ってくれたスターも少なくない。6月26日、老衰で大往生したのは俳優の高島忠夫さん(享年88)。91年10月7日号の本誌で、政宏、政伸の2人の息子に対して、「女の子とは大いに遊べ、ただし子どもだけは作るな」と男らしいアドバイス!

 “覆面レスラー”として力道山ジャイアント馬場と数々の死闘を繰り広げたザ・デストロイヤーさんも、3月7日に逝去。享年88だった。75年3月20日号には、5ページに及ぶロングインタビューが掲載されており、子育てに関しての質問には、「他人の悪口や嘘をついたときには厳しく叱るが、殴ったりはしない。なぜいけないのかを頭で考えさせる」

 ビシッと父親らしい一面を覗かせた。そんな家族思いのデストロイヤーさんに“浮気経験は?”と質問をしたところ、「結婚後は奥さん以外の女に興味ないね。浮気は結婚前に済ませておいたから」

 くぅ~、こんな言葉を堂々と口にしたいものだ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4