■大野が最終公演で見せた涙

 昨年2月の『女性セブン』(小学館)によると、櫻井は「活動休止までの2年間、精一杯頑張って、これまでの19年間と同じぐらい事務所に恩返しをします」と、ジャニーズ事務所に利益をもたらすと明言したという。

「Netflixでドキュメンタリー『ARASHI‘s Diary -Voyage-』の配信も始まり、櫻井の宣言は本当に達成されるかもしれません。ただ、昨年7月にジャニー喜多川氏が亡くなったことも影響したのか、大野の心労は重なるばかり。さらにここにきて、二宮和也(36)が結婚しましたからね……」(前同)

 昨年11月12日、二宮はかねてより交際していた元フリーアナウンサーのAさん(39)との結婚を発表した。

「二宮の結婚に際し、櫻井と相葉雅紀(37)はコメントを出しましたが、大野と松本潤(36)はいまだにコメントを出していません。それ以降、二宮とそれ以外の4人との間には不仲説も出ていますが、大野はリーダーとして、メンバーの関係性がボロボロになっていることにも心を痛めているのではないでしょうか。それが表に出てしまったのが、12月25日に東京ドームで行われたツアー最終公演でしょうね」(芸能記者)

 最終公演の挨拶で大野は、「ツアーの最中に(活動)休止発表させてもらいましたけど、発表後の4月からのツアーは正直、不安でした。正直、怖かったです」と切り出し、「でも、本当にみんなが本当に優しい目で僕らを見ていてくれたから。本当に優しい顔で、見守ってくれたから。僕は今日、最後までやりきることができました」と涙を流しながら語った。

 さらに「今日まで4人の支えがなかったら、ここまで来られなかったし、4人にも感謝してます。この決断は僕にとって、本当に命がけでした……」と感謝の言葉を述べた。

「嵐の活動休止は、大野が“自分の嵐としての活動を一旦終えたい”と切り出したことが発端ですが、大野は休止までの2年間は走り切るという思いで、この1年を駆け抜けてきた。ただ2019年の終盤で二宮が結婚したことでメンバー間に不和が生じ、大野への負担が限界に達した可能性も……。

 2020年も、昨年に続いて『24時間テレビ』は嵐がメインパーソナリティという話も聞こえてきますし、さらに東京五輪もある。昨年以上に超過密スケジュールをこなすことになりそうですが、大野が年末までやり切れるのか、少し心配ですね……」(芸能プロ関係者)

 活動休止まで1年を切った嵐。大野をはじめ、5人のメンバーには最後まで走り切ってほしい!

あわせて読む:
・二宮和也「完全孤立」!嵐とSMAP「1対4」分裂「20年ループ」
・二宮和也グッズだけ売れ残り!嵐ツアー、ファン激怒の不買運動!
・嵐・相葉雅紀、2度目の「活動休止はパワーアップ」発言ににじむ切望

  1. 1
  2. 2