羽生結弦選手
羽生結弦選手

 1月12日放送の『林先生の初耳学』(TBS系)で、フィギュアスケート選手が使うイヤホンを特集。羽生結弦選手(25)のこだわりが明かされたところ、そのハマりっぷりがファンの間で話題となった。

 この日は、プロフィギュアスケーターでイヤホンフリークの無良崇人(28)がゲストとして登場。番組の説明によると、音楽に合わせて演技するフィギュアスケーターにとってイヤホンは必須アイテムになっているそうで、中でもイヤホンをこよなく愛する羽生選手は50種類以上の製品を所有し、用途によって使い分けているという。

 そんな羽生選手からイヤホンについて相談を受けるという無良は「彼、最近、(イヤホンを)自作するようになり始めていて」と羽生選手のマニアックな一面を証言。羽生選手が市販されているイヤホンをいったん分解し、耳の形状に合わせたものに作り直していることが明かされると、そのこだわりようにスタジオからは驚きの声が上がった。

 続いて、2016年の世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝した本田真凜選手(18)が使っている蒸れないイヤホン。平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(17)が使っているヘッドホンなどを紹介。それらの選手が既製品で満足する一方、羽生選手は自分の好みに合ったデザインや音質を楽しめるフルオーダーメイドのイヤホンを愛用しているそうで、その価格は30万円を超えるという。

 羽生選手が所有するフルオーダーメイドイヤホンの数について、無良が「少なくとも彼の場合、何十個も持ってると思う」と断言すると、こうした羽生選手のイヤホンマニアぶりに、MCを務める予備校講師でタレントの林修氏(54)は驚きを通り越し、思わず苦笑いを浮かべていた。

 羽生選手のイヤホン好きはファンの間で有名だが、自作までしていることはあまり知られていなかったことから、ネット上では驚きの声が続出。「結弦さん、イヤホン職人かっ」「器用やなぁ」「ついにイヤホン自作の領域にたどり着いてたんや」などといった反響が相次いでいた。