神田沙也加
神田沙也加

 1月15日、ジャニーズJr.秋山大河(28)がジャニーズ事務所を退所することを発表した。

「秋山は、ジャニーズJr.内ユニット『MADE』のメンバーで、NEWSのバックダンサーとして活躍していました。しかし、1月15日にジャニーズのファン専用サイトでMADEの解散と、秋山のジャニーズ事務所退所が発表されたんです。ファンには衝撃の事態でしょう」(女性誌ライター)

 秋山といえば、昨年12月5日発売の『女性セブン』(小学館)で歌手で女優の神田沙也加(33)との熱愛が報じられていた。

「秋山と神田は、7月の舞台『SHOW BOY』で共演。その後、親交を深めていったといいます。『女性セブン』には、秋山のマンションに神田が頻繁に通う姿が報じられていました。

 しかし、神田は、2017年4月に結婚した俳優の村田充(42)という夫がいる身。村田は『女性セブン』の報道後、実は昨夏に離婚していたと明らかにしたのですが、その時期をめぐり、“秋山と神田は不倫関係にあったのでは”とささやかれましたね。不倫については神田は否定していましたが……」(前出の女性誌ライター)

 ジャニーズのサイトには退所と解散にあたって、ファンに向けた秋山のメッセージが掲載されている。

「秋山は“この度2002年より所属してまいりましたジャニーズ事務所を退所することになりました”とつづっていますが、このタイミングでの退所は、事実上の“クビ”だと考えられますよね。“ジャニーさんと出会って私はエンターテインメントの素晴らしさを知りました”、“ジャニーさんの考えるエンターテインメントが大好きでした”というメッセージもありますが、昨年7月に逝去したジャニー喜多川氏は、既婚の女優と深い仲になることなんて望んではいるはずもない。

 ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明氏(37)も、ジャニー氏の魂を継承し、ジャニーズJr.の育成やプロデュースに尽力。また所属タレントの“綱紀粛正”にも取り組んでいたといいます。それにもかかわらず、ジャニーズタレントとしてあるまじき行為をしたわけですから、滝沢氏の逆鱗に触れてクビという処分になったのではないでしょうか」(前同)

 退所後、秋山はコレオグラファーとしての道を目指していくという。

「コレオグラファー、つまり振付師ということですが、当然、ジャニーズ関連の仕事は難しいですし、今後、大きな仕事をやっていくのは難しいでしょうね。自身の退所だけでなく、今回、グループ解散の原因を作ってしまったわけですから、MADEのメンバー、そしてファンもやりきれない思いでいっぱいなのではないでしょうか。

 4月9日からは、秋山含む、MADEのメンバー4人全員が出演する舞台も予定されていましたが、おそらくこちらも中止になるのでしょう。ジャニーズ事務所にも大損害を与えてしまった。事務所を退所した秋山には、いばらの道が待っているのではないでしょうか」(同)

 秋山と神田は現在も交際しているとされる。2人の今後に待っている運命は――?