工藤静香、“金柑だらけ3品”で手料理解禁!腕前に称賛相次ぐ「お店出して」 の画像
※画像は工藤静香のインスタグラムアカウント『@kudo_shizuka』より

 歌手の工藤静香(49)が15日、自身のインスタグラムを更新。久々に手料理動画&画像を投稿し、ファンから喜びの声が相次いでいる。

 この日、工藤は「もう金柑(きんかん)の甘露煮はある。さあ、いただいた金柑をどうしようかな」という一文を添えた動画をストーリーズにアップ。もらいものの“金柑”の使い道に苦慮していたようだが、その後、「金柑の甘露タルトとタルトの余った生地で小さいクッキーを焼きました」「そして焼き上がりを待ってる間に浅漬けを作りました」とタルト、クッキー、浅漬けという計3品の完成品を投稿した。

 中でもタルトは金柑がふんだんに使われ、鮮やかなオレンジが何とも食欲をそそる仕上がりとなっている。工藤は「甘露煮はオリゴを使い、生地は全粒粉、バターは無し。タルトの下に薄くクリームチーズと少しブルーチーズを入れました」とレシピを解説し、「フレッシュの輪切り金柑が酸っぱくて、下が甘くてチーズに少し塩気があるので絶妙!」「女子そして大人向け」と自画自賛を交えて紹介している。

 昨年6月以来、およそ半年もの間本格的な“手料理投稿”がなかっただけに、ファンからは「心待ちにしてたのでうれしいです」「久々のレシピ動画!ありがとう、し~ちゃん」「待ってました」と歓喜の声が続出。また、食材1つでバラエティ豊かな3品を作る手際のよさと確かな腕前に、「浅漬けにも金柑が!なるほど~」「無駄がないなんてスゴい」「何でも作れちゃうんだ‼」「️お店出してほしい」といった称賛の声が多数寄せられた。

 “手料理投稿”を控えていた背景には、夫・木村拓哉(47)がシェフに扮したTBS系ドラマ『グランメゾン東京』に影響が出るのではという懸念があったとも言われている。ドラマが好評のまま有終の美を飾ったことで、もう工藤を悩ませる障壁はなくなった⁉

※画像は工藤静香のインスタグラムアカウント『@kudo_shizuka』より