Snow Man渡辺翔太とSixTONES田中樹、人気芸人を嘲笑に賛否の声の画像
※画像はイメージです

 1月22日にジャニーズJr.から同時にデビューする、SnowMan渡辺翔太(27)とSixTONES田中樹(24)が、宮下草薙草薙航基(28)を指さして爆笑していたことが、視聴者の間で物議を醸したようだ。

 この姿が見られたのは1月15日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でのこと。今回の放送は、“2020年は東京オリンピックだけじゃないぞ”と題した3本立ての2時間スペシャルで、渡辺と田中は番組の評論家軍団が今年について予想する“ホンマでっか!?大予想発表会2020”のコーナーに登場した。

 まず、今年の気になる予定をチェックしていると、進行役の加藤綾子アナ(34)が1月の予定として「Snow ManとSixTONEが同時デビューを果たします」と紹介。ジャニーズで2つのグループが同時にデビューするのは初めての試みだという。

 すると、ブラックマヨネーズ吉田敬(46)が「じゃあ今、お互いにスベれスベれって思い合っているってこと?」と質問。田中は「相手がスベるシミュレーションはしていますね」と、素直に認めてスタジオの笑いを誘い、吉田の相方の小杉竜一(46)に「やめろ! そんなことするな!」とツッコまれた。

 また、加藤アナが「草薙さんが7月に目の二重の整形手術を受ける予定」だと紹介すると、草薙は「自分の顔が嫌いで、このために頑張ってきたんで」と胸中を告白。ゲストたちは「その顔だから売れたんだよ」などと、整形手術を思いとどまるよう声をかけた。

 そこで、美容医療評論家の上原恵理さんが、草薙のために二重整形のシミュレーションを行うことに。L字の細いピンでまぶたを押し上げると、一瞬で草薙がパッチリと目が開いた二重まぶたに。しかし、タレントのマツコ・デラックス(47)は「やめたほうがいい、今のほうがかわいい」と訴えた。

 さらに、上原さんも「我々の業界では、こういうのを整形を殺す顔っていうんですよ」とコメント。草薙は二重まぶたにしても、あまり良くはならないと説明し、整形手術に否定的だったが、このとき視聴者は、渡辺と田中の態度についてザワついていた。

 それは、草薙が二重になったとき、2人そろって指をさして爆笑していたもので、ツイッター上では「人を指さしでバカにしたような笑い方する人苦手」「顔がいいジャニーズが自分の顔が嫌いでつらい思いしていた芸人さんを笑い散らすの、けっこうキツイな」などと、2人の人間性を疑うような苦言を呈していた。

 その一方で「ゲストのみんなで笑ってるじゃん。なべじゅり(渡辺と田中)だけを責めるのは違うくない? ほんと揚げ足とるのやめろ」「芸人は笑われてなんぼなんだっつーの。めんどくさいこと言うなって話」などと、2人への批判に反論する声もあった。