ヒカキン
ヒカキン

 今やネットの世界のみならず、地上波番組やテレビCMでも目にすることが多くなったYouTuberたち。

 その中でもトップYouTuberといえばヒカキン(30)だろう。

 1月7日発売の『FLASH』(光文社)では、ヒカキンのチャンネルの総登録者数は、1500万人以上。通算100億回を超える動画再生回数による広告料と、芸能活動のギャラを合わせると、年収は10億円を超えると報じている。

「ヒカキンはYouTuberの中でもダントツトップでしょう。ただ、ベテランYouTuberのヒカル(28)もチャンネル登録者数は約350万人と、ヒカキンに数では劣りますが、YouTube黎明期から動画を投稿し続けているため、彼の動画は“1再生あたり1円”の収入だといいます。350万人が彼の動画を1本視聴すれば350万円。さらにタイアップ動画は1本あたり700万円だといいますから、年収にすればヒカキンと同様、10億円を超えるのではないでしょうか」(ネットに詳しいライター)

 そんな破格の収入を得ているとされるYouTuberだが、彼らを上回る収入を得ている人物がいるという。芸能プロ関係者は話す。

「メンタリストのDaiGo(33)なんです。DaiGoのYouTubeチャンネルの登録者数は約180万人。また、ニコニコチャンネルの『メンタリストDaiGoの心理分析してみた!』の有料会員数は13万人を超え、同サイト1位。会費は月額550円ですから、ニコニコチャンネルだけで月に7150万円の収入になる。このうちDaiGoの取り分がいくらかはわかりませんが、とんでもない額ですよね。

 さらに、新潟リハビリテーション大学特任教授や外資系企業の研修やコンサルなども行い、著書も多数。講演なども行っていますから、年収は15億円を超えるのではないかとささやかれていますよ」

 DaiGoといえば、昨年9月28日放送の『オールスター感謝祭』(TBS系)の中で、過去に確執のあった同局のプロデューサーの実名を明かし、出演者及び視聴者を驚かせた。

「DaiGoは昨年8月、京都アニメーション事件の被害者を実名報道したメディアに対し、大批判を展開。緊急生配信の動画では、“2度とテレビに出られなくなってもいいです”と、一部メディアへの出演拒否を宣言しました。その直後、『サンデー・ジャポン』(TBS系)の出演が局の上層部の圧力により取り消された、と激怒。DaiGoはキングコング梶原雄太(39)のYouTubeチャンネルで、過去にTBSプロデューサーから“赤坂を歩けなくさせてやるぞ”と脅された、と明かしていたんです。それを『オールスター感謝祭』という生放送の番組で、“僕、赤坂歩いてますよ”と宣戦布告のような発言をしたんです。

 このような発言もあり、今後、DaiGoを地上波テレビで見る機会は減るかもしれません。ただ、動画配信やその他の活動で年15億円以上稼ぎ出しているのでしたら、テレビに嫌々出る必要なんてないですよね」(前出の芸能プロ関係者)

 子どものなりたい職業ランキング上位に、YouTuberと並び、「メンタリスト」が入る日も近い!?