沢尻エリカ
沢尻エリカ

 昨年11月12日に、合成麻薬・MDMAを所持していたとして逮捕された女優の沢尻エリカ被告(33)。

 12月6日に起訴、同日、保釈金500万円を納付して保釈され、現在は薬物依存の治療に専念しているとされる沢尻だが、初公判が1月31日に行われる。裁判は、多数の傍聴希望者が押し寄せることが見込まれており、日比谷公園で傍聴整理券が交付されるとみられる。

「初犯で尿鑑定も陰性ということで、裁判は即日結審し、実刑ではなく執行猶予判決になる可能性が高い。ただ、執行猶予になったとしても、沢尻には大河ドラマ麒麟がくる』や出演CMなどに関して、多額の賠償金請求がされることは必至。

 当然、テレビへの出演は当面は不可能です。映画や舞台を中心に活動する、となっても日本で活動するには厳しい目がつきまとう。経済的にもピンチが続きそうな沢尻ですが、実は、中国で活動するという“マル秘復活プラン”が検討されているといいます」(芸能プロ関係者)

 2009年に、違法薬物所持で逮捕された酒井法子(48)も、日本のみならず、かつて人気のあった中国語圏でも活動を続けている。

「実は、日本の芸能界と中国とをつないでいる、中国人のX氏と沢尻サイドが連絡が取りあったと噂されているんです。X氏は、2011年のSMAP北京公演をはじめ、GLAYGACKT(46)のコンサート、木村拓哉(47)のWeibo(中国版ツイッター)などにも関わっているとされる、日中のエンタメ界をつなぐ超大物です。それだけでなく、元KAT-TUN赤西仁(35)の中国での活動も、X氏の会社が支援しているといいます。

 X氏はジャニーズ事務所、ジャニーズを辞めた赤西の両方とつき合いがあり、日本芸能界の中国ビジネスの架け橋になっている相当な実力者です。沢尻は、そのX氏に手を借りて、中国での復活を計画しているようです。おそらく、映画、音楽活動、ファッションショーをはじめとするイベント出演などを視野に入れているのではないでしょうか」(前出の芸能プロ関係者)

  1. 1
  2. 2