山崎賢人
山崎賢人

 1月17日に放送された『ロバート秋山のウソ枠』(日本テレビ系)で、山崎賢人(25)がロバート秋山竜次(41)から“演技指導”を受けた。この番組は変幻自在の「キャラ職人」といわれる秋山が、ゲストとともに嘘の番組を作り上げるコントバラエティ。今回はスポーツ番組をテーマに、架空の番組『スポーツ熱中人』のスタジオに山崎が招かれるところからスタートした。

『スポーツ熱中人』では、日本を代表するトップアスリートたちがトレーニングの時間を削ってまで訪れるという謎に包まれた学校「アスリートCMアカデミー」に潜入。そこではアカデミーの校長である藤子康男(秋山)が、アスリートたちに「抜き」の演技指導を行っていた。藤子の教える「抜き」とは、「声に抑揚をつけない、表情を変えない、変に演技をしにいかない」ことだと紹介され、山崎のいるスタジオに藤子が登場し、山崎に「抜き」の演技指導を行った。

 藤子は「俳優さんは感情を豊かにして、いろいろなものを出してっていうものがあると思うんですがアスリートは違います」ともっともらしい顔で説明し、アスリートCMにおいて一番重要なのが「抜き」だと続けた。そこで山崎が「抜き」に挑戦、すると藤子から「そんなもん破門だよ!」「まだ我が出てる、もっと抜け!」と熱血指導が入る。「ミニもね!」というセリフを「抜き」で言う場合、気持ちは「アザラシで」と訳の分からない指導が続き、ついに吹きだしてしまう山崎。最後に山崎が、2月7日から公開される出演映画『ヲタクに恋は難しい』の告知をしようとしたが、ここでも藤子から「もっと抜いて! せっかくやったんだから!」とアドバイス。山崎はうつろな目をし、棒読みの「抜き」演技で告知をやりきった。

 このシュールな展開に、視聴者も「抜き告知する山崎賢人と秋山面白い」「抜けた山崎賢人で吹いたw」「抜けきってる」「山崎賢人かわいすぎた」「確かにアスリートのCMって恐ろしく棒読みだけど、それを30分の番組でコントにするなんてw」「これ、山崎賢人の『1人笑ってはいけない』みたいなVTRになってるな」「突然のアザラシが意味不明すぎてワロタ」「山崎賢人になにやらすねんw」と大喜びだった。なんでもやっちゃうイケメン俳優山崎賢人、面白すぎる!

あわせて読む:
・賀来賢人は3位!「けんと」と聞いて思い浮かべる人物は?
・新田真剣佑は3位!今年最後を飾るトップイケメンは?「12月イケメン総選挙」
・土屋太鳳、幼稚園時代の人に言えない「恥ずかしプレイ」