宮沢氷魚
宮沢氷魚

 1月21日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)に、モデルで俳優の宮沢氷魚(25)が出演。牛タンのおいしい食べ方を紹介し、ファンの間で話題となった。

 この日は、宮沢がゲストとして登場し、5歳のときからハマっているという牛タンについて熱いトークを繰り広げた。20年間食べ続けている大好物だけに店や食べ方へのこだわりが強いようで、千鳥大悟(39)がどこの店で牛タンを食べても味に大差ないと言うと、宮沢は「ぜんぜん分かってないですね!」とこれを一蹴。また、焼いた牛タンにレモンをかけるという定番の食べ方についても、「甘いですね」とダメ出しした。

 そんな宮沢がオススメの店として紹介したのは、牛タン専門店「ねぎし」。特にオープンキッチンを気に入っているそうで、宮沢は「味だけじゃなくて、(調理を)見て楽しめる、匂いも楽しめる、音も楽しめる。もう、すごくないですか?」とその魅力を説明し、食べるときは4席ほどしかないオープンキッチン前のカウンター席を利用すると熱弁した。

 宮沢によると、牛タンには白たん(たん元部分)、白たんうす切り、赤たん(たん先部分)の3種類があるが、白タンうす切りが宮沢のお気に入り。それに南蛮みそ(青唐辛子のみそ)をのせて巻き、とろろをつけて食べるのがオススメで、そのことでとろろに牛タンの脂や旨味が移り、麦めしにかけて食べるときもおいしくなるのだとか。

 熱心に牛タンを推す宮沢に、大悟らは「肉の見た目がどれも変わらない」など冷ややかな態度だったが、スタジオで「ねぎし」の牛タン定食を宮沢おすすめの方法で食べると、千鳥のノブ(40)や大悟は「うっまぁ~!」とビックリ。グルメで知られる博多華丸・大吉博多華丸(49)も「良いもん羽織ってる感じ」と、独特の表現で宮沢流の食べ方を絶賛した。

 こうした反応に、宮沢は大満足の様子だったが、ネット上ではファンからも「今度ねぎしに行ったらオススメの食べ方をしてみる」「氷魚くん流の食べ方絶対やりたい」などといった反響が続出。中には、実際に「ねぎし」まで足を運び、宮沢流の食べ方を試すファンもいたようで、「氷魚くんの食べ方まねしてみたよ。おいしすぎた」「きのう見た宮沢氷魚の食べ方うまぁ」という食レポまで相次いでいた。