東出昌大(左)、唐田えりか
東出昌大(左)、唐田えりか

 1月23日発売の『週刊文春』(文藝春秋)にて報じられた、女優の(33)の夫で俳優の東出昌大(31)と女優の唐田えりか(22)の不倫。

 杏が第三子を妊娠中の不貞、純朴でイクメンキャラだった東出の裏切り、唐田が東出との関係を“匂わせ”ていたことなどが明らかになり、世間からは東出と唐田に対し、多数の非難の声が上がっている。

 1月22日、『文春オンライン』で第一報が報じられると、東出の所属事務所はマスコミ各社にファクスでコメントを発表。

「本人に確認いたしましたところ書かれている事柄はほぼ事実と判明しました」「東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。どのように非難されても弁解の余地はありません」と、不倫を全面的に認めたのだ。

 その後、22日深夜、唐田の所属事務所もファックスで「今回の報道を受け、本人は軽率な行動を深く反省しております」「自身の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたいと思っています」と、東出との不倫関係を認めるコメントを発表した。

「東出の事務所は19時頃、唐田の事務所は同日の深夜にファックスを流しています。実は、数時間のタイムラグがあったのは、双方の事務所同士で、不倫関係の詳細やコメントの内容について、一切のすり合わせがなかったからだというんです。東出の事務所は、『文春オンライン』の報道後、“ほぼ事実”といきなり不倫を認めるコメントを出したため、唐田の事務所は急遽、唐田本人と調整し、ようやくコメントを出すことができたのが22日の深夜ということでしょう。唐田サイドは東出サイドのコメントを見て混乱したのでは、と言われていますよ。

 ただ、東出サイドが不倫を認め、唐田サイドと内容のすり合わせをすることなく、すぐにコメントを出したのは、真摯な気持ちで謝ろうという姿勢があったからなのかもしれませんね」(芸能プロ関係者)

 家族の修復を望む東出サイドの真摯な気持ちは、杏に届くのだろうか……。