「巨人軍重大事件」長嶋茂雄や王貞治も知らない裏真相
写真はイメージです

 読売巨人軍が創設されたのは1934年のこと。今年で86年となる。2月からは各チームとも春季キャンプを開始、2020年シーズンが本格始動するが、それを目前にして巨人栄光の八十余年の歩みから、世間の耳目を集めた30の衝撃事件の舞台裏に迫ってみたい(文中=一部敬称略)。

 衝撃事件の1発目は「球団初の最下位」から。現役引退後すぐに監督に就任した長嶋茂雄。その監督1年目の1975年シーズンは、惨憺たる結果だった。「チームは“V9の燃えカス”のような状態。主力選手は高齢化しており、誰が監督をやっても同じだったでしょうね」(古参記者)

 実際、75年シーズンのチーム防御率は最下位、打率と本塁打数は5位と、V9時代は見る影もない。当時の主力選手の一人は匿名を条件に、こう明かす。「長嶋さんは前任の川上哲治監督の管理野球を改め、“クリーンベースボール”を掲げました。ただ、これが誤解されたフシがあって、気が緩んで成績を落とした選手もいましたね……」

 長嶋巨人の4番を担った王貞治は、最下位が決まると記者に、こう独りごちた。「ミスターは、原節子みたいにスパッと辞めるべきだった。すぐに監督を引き受けちゃったもんだから、こんなに苦労するんだよ」

 それでも、“燃える男”長嶋は諦めなかった。その結果、76、77年とペナント優勝を飾り、78年も2位につける。ただ、この年のオフ、「江川卓“空白の1日”事件」が起きる。

 作新学院の怪物として甲子園を沸かせた江川は、阪急の1位指名を拒否し、法政大に進学。4年後の77年ドラフトでは、巨人への入団希望を表明して臨んだ。「作新学院の学院長で自民党の副総裁だった船田中氏は、各球団オーナーに指名しないよう根回しをしていました。しかし、ライオンズが1位指名を強行したため、江川は南カリフォルニア大学に野球留学することになったわけです」

 その1年後――。「江川が突如、船田氏の事務所で巨人への入団発表を行ったんです。巨人は野球協約を徹底分析し、第138条に“抜け穴”があることを発見します。ライオンズの交渉権がドラフト前々日に失効することを牽強付会して、“ドラフト会議の前日は、選手は自由の身分”だと強弁したんです」(当時を知る球界関係者)

 これが世に言う「空白の1日事件」だが、絵を描いたのは船田の懐刀だった秘書の蓮実進氏だった。この姑息とも取れる巨人のやり口に世間は激高。江川のアンチファンを多数生むことになったが、事件の“真の首謀者”はと言うと……。「ミスターです。是が非でも江川が欲しいというから、巨人はあそこまで大掛かりな謀略を仕組んだんです。ミスターの“欲しい欲しい病”は、この頃からだったんですね(笑)」(同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4