長嶋一茂
長嶋一茂

 タレントでスポーツキャスターの長嶋一茂(54)が、元夫の不倫騒動で離婚に至ったタレントの小倉優子(36)に対し、共演者の反対を押し切って不倫についてコメントを求めたことに、批判の声が寄せられたようだ。

 この発言があったのは、1月29日放送の『隣のトラブルモンスター』(テレビ東京系)でのこと。この番組は、身近なトラブルの数々を、実際の映像や再現ドラマで紹介し、MCの長嶋一茂と石原良純(58)がゲストと討論を繰り広げるという内容。

 VTRで“モンスターママ”のクレームにより、『桃太郎』や『さるかに合戦』など昔話の絵本の結末が、以前とは様変わりしていることが紹介された。その流れで、ネプチューン名倉潤(51)が「テレビもやりにくくなってるやん」と、テレビ局も視聴者からのクレームに配慮をしすぎていると指摘した。

 続けて名倉は、不倫した人がテレビに出るとクレームがくるが、むしろ、親と子で話し合う機会になると持論を展開。そして、名倉家では息子が小学5、6年のとき、お風呂に入りながら“不倫芸能人がテレビに出ていいか”と討論していたと明かした。

 すると、一茂が突然小倉を指でさして「いろいろあったんだよね! 紆余曲折ね」と、16年8月、次男の妊娠中に美容師の元夫とタレントの不倫交際が報道されたため、長男を連れて別居し、17年3月に離婚。18年12月に一般男性と再婚した、小倉の波乱の人生をイジった。

 スタジオがザワつき、小倉が「いろいろ……」と苦笑いすると、一茂は「いろいろあったけど、今、幸せなんだから!」と力説した。すかさず、良純が「いろいろあったは言わなくていい!」と一茂の発言を止めようとしたが、それでも、一茂は「いいんだよ! みんな知ってるんだから」とおかまいなしで、不倫について語り続けた。

 また、名倉が紹介した「不倫している人の60%は女性」という統計データに小倉が驚いていると、一茂はまたもや「どうですか、ゆうこりん?」と、小倉にコメントを求めた。小倉は不倫の男女差についてまじめにコメントしようとしたが、良純が気を使って「ゆうこりんにその話はちょっと」と止めようとした。

 しかし、一茂は「ちょっと黙ってて! 聞きたいんだよ!」と、大声で訴え、小倉にコメントを求める始末。この、良純もドン引きしてしまう一茂の言動に、視聴者はツイッター上で「あ~、一茂ウザい」「そもそも一茂がモンスターだけどな」などと、批判の声が寄せられていた。