松本潤(左)、二宮和也
松本潤(左)、二宮和也

 昨年11月に二宮和也(36)が結婚を発表、さらに今年に入ってからは『週刊文春』(文藝春秋)に、櫻井翔(38)の「ベトナム&ハワイ婚前旅行」が報じられ、メンバー間の不和やファンから批判の声も上がっている

 メンバーの結婚や熱愛報道が続いているためか、ネットには「結婚することとか女とのツーショットは撮られるべきじゃないと思う」「嵐、アイドルとしてオワコンすぎん……?」「嵐はもうオワコンか? 国民的アイドルどこ行ったの? 最後くらい綺麗に終わらせてほしかった」といった意見もある。

 昨年12月31日からは、嵐の5人に密着したドキュメンタリー『ARASHI‘s Diary -Voyage-』がNetflixで配信され、現在は2つのエピソードを見ることができる。1月28日に配信された第2話『5×20』では、松本潤(36)と二宮が肩を組みながら初日のステージに向かう姿など、20周年コンサートの舞台裏が映され、ファンを中心に話題を呼んでいる。

「それだけではなく、ツアー初日を迎えるまで5人が何度も会議を重ねる様子、松本が1曲1曲の演出を決めていく過程や、松本が“技術よりもあったかくなるってことが最重要”と熱く語る場面などが収められ、嵐ファンも固唾をのんで鑑賞したのではないでしょうか」(女性誌記者)

 1月30日発売の『女性セブン』(小学館)では、ドキュメンタリーは現在も撮影が続いており、カメラは5人の活動すべてを記録しているといってもいいと伝えている。

「今後、配信されるエピソードで描かれるのかもしれませんが、現在のところ、二宮の結婚に触れることもなく、“カメラは5人の活動すべてを記録している”といいつつ、櫻井の婚前旅行や、活動休止を前に結婚を発表した二宮に怒り心頭だという松本、といった模様はドキュメンタリーに収められてはいない。

 人物を中心にすえたドキュメンタリーは、取材対象に密着し、その内面にまで迫るもの。ところが嵐のドキュメンタリーでは、『週刊文春』で報じられていることが一切見えてこないんです。もちろん、アイドルである彼らが、結婚相手や交際する女性のことに触れることは極めて難しいことだと思いますが……」(前出の女性誌記者)

 SNS上には「ネトフリより文春のほうが櫻井に密着してんじゃない?」「今では嘘偽りの塊のネトフリよりも文春の方がよく働いてますし、リアルだし笑」と、ドキュメンタリーを批判する声も上がっている。

  1. 1
  2. 2