金田正一「お別れの会」【巨人・原監督の弔辞をノーカットで収録】の画像
金田正一「お別れの会」【巨人・原監督の弔辞をノーカットで収録】の画像

 2019年10月6日に86歳で永眠した金田正一氏。

 国鉄(現ヤクルト)や巨人において、前人未到の通算400勝を達成、日本プロ野球界の伝説の投手としてその名を球史に刻んだ。その金田正一氏の「お別れの会」が帝国ホテルで開かれ、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督やソフトバンク・王貞治会長、野村克也氏など、参列者約500人余りが出席した。

 冒頭、30秒の黙とうに始まった会は、まずはその偉大な金田氏の経歴が紹介され、続いて列席者を代表して読売巨人軍の原辰徳監督が弔辞を述べた。

「長きに渡って、色々なことを教えていただきました。私にとって父であり、師匠であり、前人未到の400勝投手、憧れの先輩でした。お世話になりました…」

 と、まずは金田氏への憧憬の気持ちと共に感謝を述べた原監督。そして初めて会ったという、自身が高校3年生だった時のゴルフ場での意外なエピソードを披露し会場を和ませると、豪快なだけではない野球に対する実直な人となりや、氏が残した野球に関する金言を紹介し、別れの言葉を締めくくった。

 続いての献花では、王貞治氏、長嶋茂雄氏、そしてプロ野球初の3000本安打達成者であり現在は野球解説者である張本勲氏、そして世界のプロ野球史上初の捕手による三冠王達成者であり元東北楽天ゴールデンイーグルス名誉監督である野村克也氏といった日本プロ野球史に名を残すレジェンド達が続いた。

 さらに閉会直後に行われたマスコミ取材に臨んだ原監督は、改めて金田氏の偉大さや優しさを伺えるエピソード披露し、偉大な先輩の死を悼んだ。

https://youtu.be/cFRRvJIwTsM