尾上松也
尾上松也

 女優の鈴木杏樹(50)と舞台俳優の喜多村緑郎(51)の衝撃的な“ラブホテル不倫” 発覚から約1週間。元宝塚トップスターで女優の妻・貴城けい(45)を裏切り、杏樹に愛をささやき続けた喜多村だが、実は彼女より前にも“深い仲”になった女性がいたという。

 かつて籍を置いた歌舞伎界では身一つで名を上げた実力の持ち主であり、女性ウケする長身&端正なルックスも相まって、業界では“モテまくり”だったという喜多村。「色男の宿命」と言えるかもしれないが、2月13日発売の『女性セブン』(小学館)では、喜多村が過去に起こした女性問題を報じている。

「喜多村は歌舞伎界を去って、2016年に『劇団新派』に入団しました。同誌によれば、2年後の2018年1月ごろ、同じ劇団所属の24歳年下の若手女優を口説き、手を出したというんです。しかもそのお相手というのが、歌舞伎俳優の二代目・尾上松也さん(35)の妹・春本由香(27)さんだというから、さらに驚きですね。2013年に喜多村は貴城と結婚していますから、当然、不倫交際。それにもかかわらず喜多村は、彼女に“おれの子どもを産んでほしい”と迫ったとか」(芸能記者)

 松也といえば、元AKB48前田敦子(28)や女優の瀧本美織(28)らと浮名を流した生粋のモテ男。だが、ファンの間では妹思いな一面も知られている。その溺愛ぶりはかなりのもので、かつて由香さんがバラエティ番組に出演した際に「兄に愛されすぎて困っている」と告白したほど。兄妹そろって『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演したこともあり、陰になり日向になり妹が目指す“女優の夢”を後押ししてきた。

「不倫の事実を知り、松也さんは激怒したそうです。松也さんのお母さんもたまりかねて喜多村を電話で問い詰めたらしいのですが、彼は“訴えるぞ!”と逆ギレする始末。やりとりの一部始終も書かれていますが、記事どおりなら喜多村の“不倫常習”ぶりがうかがえますね。しかも、松也さんのおじいさん、お母さんは『劇団新派』出身。さらに亡き父親、そして自身が属する一門『音羽屋』といえば、歌舞伎界屈指の名門です。いくら色恋が芸の肥やしになる世界とはいえ、喜多村にとって由香さんは身内同然の後輩であり、2回りも歳の違う梨園のお嬢様でもある。手を出すのはさすがにタブーでしょう。よほど肝が据わっているのか、周りが見えなくなるタイプなのか……」(前同)

 名家をも敵に回す喜多村の豪胆さに、杏樹も落ちてしまったのだろうか。杏樹との不倫報道後、所属事務所を通じて「今回の出来事はすべて私の責任です」「今後は、もう一度一から自分を深く見つめ直します。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した喜多村。しかし、2月13日発売の『週刊文春』(文藝春秋)には、喜多村の妻・貴城の悲痛なインタビューに加え、いまだ杏樹と喜多村が連絡を取り合っているという関係者の証言なども掲載されており、事態は泥沼の様相を呈している。

 一方、現在も喜多村と同じ劇団に所属し、看板女優を目指して舞台に上がり続けている由香さん。尾上家の人々は、今回の騒動を一体どんな思いで見つめているのだろうか――。