鈴木杏樹だけじゃない!薬物、不倫…次は誰に?『相棒』の呪いの画像
鈴木杏樹だけじゃない!薬物、不倫…次は誰に?『相棒』の呪いの画像

 2月6日に『週刊文春』(文藝春秋)がスクープした女優の鈴木杏樹(50)の不倫。元宝塚トップスターで女優の貴城けい(45)を妻に持つ元歌舞伎役者・二代目喜多村緑郎(51)と、海岸で人目もはばからずキスやハグを繰り返したのち、大人のホテルへ向かったと報じている。

 昨年10月に舞台で共演し、年末には深い関係になっていたという2人。長年“清楚”なイメージが強く、そんな杏樹のまさかの不倫報道に、ネット上でも「“まさか”という人のほうが怪しいのかな?」「芸能人に清楚な人なんていないのか……」といった驚きや嘆きの声が上がっている。

 テレビ局関係者は話す。

「杏樹さんの不倫報道には驚きましたが、業界関係者の間では“呪いではないか”ともささやかれているんです。というのも杏樹さんは、前シリーズまでドラマ『相棒』(テレ朝日系)シリーズに出演していましたからね。『相棒』といえば、出演した俳優や女優が次々にトラブルを起こすドラマとして知られているんです」

 杏樹は、水谷豊(67)演じる杉下右京の行きつけの小料理屋「花の里」の2代目女将として、2006年から2019年3月まで『相棒』に出演。初代女将を演じた高樹沙耶(56)は、2016年に大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されている。

 シーズン11から13(2012~2015年)の3年間、杉下右京の3代目相棒を務めた成宮寛貴(37)は、2016年12月に、突然芸能界から姿を消した。

「2016年12月、『FRIDAY』(講談社)が2週にわたって成宮の違法薬物使用疑惑を報じたものの、本人と所属事務所は“事実無根”と否定。尿鑑定の結果も陰性で、薬物使用を重ねて否定したが、同月9日に彼は芸能界からの引退を発表。引退後は海外に移住し、『相棒』からも姿を消してしまいました」(芸能記者)

 シーズン3から脇を固める“陣川警部補”役で出演している原田龍二(49)は、杏樹と同様に昨年5月、不倫を報じられている。

 複数の女性ファンと愛車の後部座席で不倫を繰り返していたことから“4WD不倫”として話題になった。報道後は謝罪会見を行い、文字通り裸一貫での出直しとなったが、不倫などのスキャンダルを嫌う水谷豊の逆鱗に触れて降板の危機がささやかれていた。

「水谷さんは『相棒』の絶対的リーダーで、キャスティングにも大きな影響力を持っています。水谷さんは大の家族思いとしても知られており、原田さんの不倫報道には相当腹を立てているのではないかと言われていました。しかし、2月5日放送の『相棒』の次回予告に原田演じる陣川警部補が登場したことで、19日の放送に原田さんが出演することが明らかになり、陣川警部補ファンは安心したのではないでしょうか」(前出のテレビ局関係者)

 鈴木杏樹、高樹沙耶、成宮寛貴、原田龍二と、キャストが続々と不祥事を起こしている『相棒』。2015年放送のシーズン14から水谷の“相棒”を務める反町隆史(46)は、

「気難しいとも言われる水谷さんが、これまで最も気を許しているのは反町さんだともっぱら。妻の松嶋菜々子(46)さんとの夫婦仲も良さそうなだけに何も起こらないとは思いますが……。ただ写真誌は常に、反町さん含めた『相棒』出演者をマークしていると言いますよ」(芸能レポーター)

 反町が次の“呪い”のターゲットに……なんてことにならないことを心から願いたい!