槇原敬之
画像は槇原敬之スタッフ(オフィシャル)インスタグラム「@buppulabel」より

 2月13日、平成ミュージックシーンをけん引したシンガーソングライターの槇原敬之(50)が覚醒剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで警視庁に逮捕されたニュースは、バレンタインデー前夜の日本列島に大きな衝撃を与えた。その騒動はますます拡大するばかりだが、なぜかKinKi Kidsのファンの間にも動揺が広がっているという。

 実は槇原は、2014年9月にレギュラー放送を終えたキンキの人気番組「堂本兄弟」での活躍の記憶がファンの間では鮮明に残っているのだ。

「『堂本兄弟』は前身となった『LOVE LOVEあいしてる』と並んで、KinKi Kidsにとってミュージシャンとしての評価を確立した特別な番組です。レギュラー放送後も年1回程度のスペシャル番組が放送されており、槇原さんは後期の中心メンバーの1人で、トークでもライブセッションでも存在感抜群でしたよ」(アイドル情報誌記者)

 そんな「堂本兄弟ファミリー」の重要メンバーだった槇原容疑者だが、今回の騒動につながっているとも考えられる出来事もあった。

「実は槇原さんは2018年12月に放送された『堂本兄弟』のスペシャル番組からは参加していないんです。同年の3月に所属事務所の元代表が薬物使用の容疑で逮捕されており、その影響を懸念した番組サイドが降板させたとの噂もあります」(前同)

 今回の槇原容疑者の逮捕に、キンキのファンや番組のファンからは「堂本兄弟メンバーも悲しんでるだろうなぁ」「大好きな曲たくさんあるし…堂本兄弟のとき後ろでやさしく笑うところも好きだったのにな…」「堂本兄弟とかも今後日の目みないの? 数少ないよき音楽番組…」「おい、マジかよ。 堂本兄弟とかどうすんだよ」「槇原逮捕のせいで堂本兄弟の特番がすっ飛んだりしたら許さないからな」といった嘆きの声があがっている。

 相次ぐ芸能界の薬物事件。これ以上薬物汚染が広がらないような取り組みを業界全体に期待したい。