大悟(千鳥)
大悟(千鳥)

 2月13日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に、千鳥ノブ(40)と大悟(39)ら「子ども番組やってる芸人」たちが登場。子ども番組出演時の苦悩を明かした。今回「子ども番組はココが違う!!」というコーナーでは、芸人たちがふだん出ているバラエティ番組と違う部分や苦労を告白。大悟は、自身の出演している子ども番組では「特殊なマイクチェック」があるといい、通常はマイクが正常に作動しているのを確認するだけだが、子ども番組では必ずチェック時に今朝の朝食を言うという独特の風習があると語った。

 そのマイクチェックは子どもたちだけでなく千鳥の2人も行うが、そこで大悟は必ず「今日の朝ゴハンはアイスコーヒーとタバコ2本です」と小ボケを挟むと告白。共演者たちは爆笑したが、子ども番組では一切笑いが起きず、大悟は「毎回それで僕は、スベってからスタートしてます」と語った。また大悟は、「子どもがウケているときは大人のスタッフは笑ってないんですよ。でも大人のスタッフがウケてるときは子どもが笑ってないんです」と続け、長年子ども向け番組に出演していても「まだ(子どもと大人)両方笑かしたことは1回もないんです。そこのバランスが……」とすべての層に向けた笑いの難しさについて熱弁していた。千鳥はNHKで長年放送されている『天才てれびくんYOU』シリーズに、約6年ほど出演している。2人は「守守団」という秘密組織の研究員役として活躍しているが、日々子どもたちを笑わせるために研究を積み重ねていたようだ。

 これを見た視聴者からは「え! 千鳥って天テレやってんの! すご」「攻めてんなー、子ども番組!」「6年って何げ長いな!」「タバコとアイスコーヒーってw」「マジで子どもっていろんなこと聞いとるし見とるから言葉づかいって大切ね」「スベってからスタートするメンタルの強さがスゴい!」「大人向けのボケもするけど、しっかりと子どもを笑わす努力もしててカッコいい」と称賛の声が上がった。さすが売れっ子!