(左より)東出昌大、唐田えりか
(左より)東出昌大、唐田えりか

 女優の唐田えりか(22)と3年間にわたって不倫関係にあったことが発覚し、妻で女優の(33)と別居中であることが報じられた俳優の東出昌大(32)。

 2月20日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、渦中の東出に直撃取材を敢行している。

 東出は記者から話しかけられると、深々と一礼して謝罪の言葉を述べた。その後、「“申し訳ない”という気持ちは杏さんに対して?」という質問には、「家族に対しても、それから仕事で一緒に作品を作ってくださった方々、広告主の皆様にも多大なご迷惑をおかけしてしまいました」と語っている。

 2人が別居生活を始めてから1か月以上が経過した今も、居所を転々としているとされる東出は、杏との話し合いが進んでいるかとの問いには無言をつらぬいた。

「直撃に対し、東出は真摯に対応しています。ただ、夫婦間の質問に及ぶと、自分が話したことが記事になり、杏が自分の言葉を誌面を通して読むとどう思うのか、ということを相当気にしているようで、“今一番苦しんでいるのは妻なので、これ以上はと言いますか……”と質問をはぐらかす場面もありましたね」(芸能記者)

 また、自分の不倫記事に目を通しているかについては「はい。自分が犯してしまったことの重大さを、自分で分かるために(記事を)読んでいます」と述べ、さらに『週刊文春』に直撃されたときには「心臓の鼓動が早くなったのを覚えています」と応じている。

 また、騒動後、東出は唐田と連絡は取っていないというが、「彼女への気持ちは本気だった?」と尋ねられたさいには「……それも、申し上げられません。家庭内の話ですので」と肯定も否定もしなかった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3