笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶

 2月21日に放送された『A-Studio』(TBS系)に、official髭男dismが登場し、結成前のエピソードや結成秘話を明かした。2018年のメジャーデビュー後、翌2019年にセカンドシングルの『Pretender』がストリーミング総再生回数2億回を突破、年末の『NHK紅白歌合戦』にも初出場を果たした大人気バンド、番組ではそんな“髭男”の素顔に迫った。

 はじめはコピーバンドとして活動していたという髭男。ボーカルの藤原聡は意外にも、もともとはドラムを担当しており、ギターの小笹大輔は東京大学へ行けるほど頭が良かったが、高校卒業と同時にメンバーたちと上京。小笹は、バンドをしていることを親などに責められないよう、勉強もバンドも頑張っていたという。そんな髭男の秘話が繰り広げられる中、MCの笑福亭鶴瓶が突然くしゃみをすると藤原は「Bless you(お大事に)」と即返。海外ではくしゃみをした人にこう言葉をかけるのだが、これが藤原の口癖だと紹介された。また藤原は、大学卒業後は銀行員になり、髭男と銀行員という“二足のわらじ”だったことも明かされた。

 さらに番組では、2月12日に発売された髭男の新曲で、上白石萌音(22)主演のドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の主題歌でもある『Ⅰ LOVE…』も披露され、『A-Studio』のMCアシスタントで萌音の妹である上白石萌歌(19)を感激させた。

 あまり語られることのない髭男の情報と曲の披露に、視聴者も「Aスタジオ髭男最高だった」「髭男はみんないい子達」「髭男の情報ってなかなか入ってこないからすごくありがたいです!」「藤原さん方言ちょくちょく出てきて笑う」「テレビでしゃべっている髭男のメンバーが見られて最高」「なんかとても知的なバンドだと知り、ますます好きになりました」「メンバーがみんな仲良さそうでカワイイ」「バンドマンとは思えない癒しの雰囲気」「『Pretender』も好きだけど、この新曲も最高」「恋つづ♪キター」と大喜び。鶴瓶から「こんな尖ってないバンド初めてやで」と言わしめた髭男に癒される人続出!?