■嵐活動休止、関ジャニ崩壊……

 2018年4月、山口が未成年女性への強制わいせつを行った容疑で書類送検されていたことが報道され、5月にジャニーズ事務所を退所した。

「山口の退所以降、TOKIOでの音楽活動ができなくなったため、長瀬もグループ解散や事務所退所を考えるようになったといいます。また、今年いっぱいでが活動を休止しますが、活動休止の方向性が固まったのは山口退所から1か月後の2018年6月。

 SMAPが解散して以降、国民的グループとしてジャニーズの屋台骨を支えてきた嵐の活動休止決定は、山口の退所以上に事務所関係者にとっては痛手となったのは間違いないでしょうね」(前出の芸能プロ関係者)

 2018年7月、同年4月に脱退と事務所退所の意向を発表していた渋谷すばる(38)を除く6人で、関ジャニ∞の5大ドームツアーが始まった。

「関ジャニ∞では、昨年9月いっぱいで錦戸亮(35)がグループを脱退し、事務所を退所していますが、渋谷が退所していなければ錦戸の退所もなかったでしょう。錦戸は渋谷を兄のように慕い、渋谷が脱退するならば関ジャニ∞を続ける意味がないと考えていましたからね。

 また、2018年8月には『週刊文春』が、当時社長だったジャニー喜多川氏が、滝沢秀明氏(37)を後継者に指名したと報じました。同年9月には、滝沢氏が年内での芸能界引退を発表し、2019年よりジャニーズアイランドの社長に、さらに昨年9月にはジャニーズ事務所本体の副社長にも就任しました。滝沢氏は現在、ジャニーズJr.の売り出しに奔走していますが……。

 そう考えると山口が退所した2018年5月以降、ジャニーズ事務所内部の状況は怒涛の変化を遂げているんです。山口がきっかけとなり、それまで盤石だったジャニーズ帝国にひとつ綻びができたことで、所属タレントの心境にも変化が生じているのではないでしょうか」(前同)

 中居に続き、長瀬、さらには他のジャニーズタレントの退所も相次ぐのだろうか――?

あわせて読む:
・中居正広と木村拓哉「深刻不仲」?「以心伝心」?アベコベ報道の真相
・中居正広、J退所でプロ野球マニア歓喜!?復活濃厚の年末激アツ特番!
・中居正広に続き電撃退社ラッシュ!?長瀬智也が「俺も辞めたい…」と衝撃再発言

  1. 1
  2. 2