■オジンオズボーン篠宮はブレイクの兆し

 2月16日、安田大サーカスのクロちゃんがツイッターを更新し、所属事務所の新年会に参加したことを、集合写真とともに報告した。クロちゃんのすぐ近くにはTKOの木本がいたものの、木下の姿はなかった。

「新年会の時点で、木下さんの退社は決まっていたのかもしれませんね。パワハラ報道が少し落ち着いた頃、事務所サイドからケガを負わせた篠宮さんだけではなく、“これまで迷惑をかけてきた事務所の人間にも謝れ”と指示があったそうで、後輩芸人らに木下さんから謝りの電話が入ったようです。それでも周囲の理解は得られなかったのかもしれません……。

 また、特にここ最近はテレビ局はコンプライアンス遵守を徹底していて、“パワハラ”イメージのある木下さんの起用を嫌がっていたとも言われています。地上波への復帰は難しいという判断で退社を決意したのかもしれません。ただ、事務所を去るもののTKOは解散しない。相方の木本さんは関西でレギュラー番組を抱えていますし、俳優としてドラマや映画にも出演していますからね」(前出のお笑いプロ関係者)

 一方、木下退社の要因ともなった、ペットボトルを投げつけられ左目にケガを負ったオジンオズボーンの篠宮は、2月18日に『オジンオズボーン篠宮暁の秒で暗記! 漢字ドリル』(宝島社)を発売。

「秒で漢字暗記」は、篠宮が独特のリズムで漢字の書き方を紹介する動画シリーズ。中でも「鬱」の覚え方は、ツイッターで300万回再生を突破しており、新しい地図草なぎ剛(45)や、書道家の武田双雲氏(44)らにも注目され、話題を呼んでいた。

「篠宮の手がけた漢字ドリルは、重版がかかるヒットとなっているそうです。情報番組などからも取材を受け、“漢字芸人”としてブレイクしつつある。ケガを負わせた木下は事務所を退社、ケガをした篠宮はブレイクの兆しと、因果応報ってこういうことなのかなと思ってしまいますよね」(前同)

 事務所を退所してフリーで芸能活動を続けるというTKO木下だが、今後どのような活動をしていくことになるのだろうか――。

  1. 1
  2. 2
  3. 3