テレビで人気でも…伸び悩む芸人YouTuber

 渡部は、まだ恵まれていると、前出のメディアライターは語る。

「たとえば、毒舌芸人として人気を博し、今や情報番組のコメンテーターも務めるカンニング竹山(48)さんの『カンニング竹山〜拝啓テレビ局様チャンネル』は登録者数5.86万人。再生数は2018年5月にアップした『【19癒し】キャンプで傷を癒す竹山~カンニング竹山に番組を!PART19』の119万再生が最高記録で、他はほとんど10万前後です。もっとも、彼は“テレビ局に自分を売り込むためのセルフプロモーションチャンネル”として投稿していますから、本人はそこまで気にしていないと思います。

 悲惨なケースだと、小島よしお(39)の『小島よしおのおっぱっぴーチャンネル』にいたっては登録者数7570人。歌や踊りなど、子ども受けを狙った動画を投稿していますが、再生数1万超えは滅多にありません。ほとんどが5000行くか行かないかです。1か月経過しても、再生数1000回未満の動画もあり、大苦戦していますね……」

 東野幸治EXITなど、売れっ子芸能人がYouTubeに続々と殴り込む戦国時代。その戦場で生き残るのは、あまりにも厳しいーー。

あわせて読む:
・宮迫博之は失敗?江頭2:50は成功! YouTuber芸能人「絶望的な差」
・宮迫ショックで…⁉明石家さんま&松本人志が「YouTubeデビューする日」
・川口春奈&江頭2:50が宮迫を瞬殺!一流が参戦しYouTubeが大変動!?

  1. 1
  2. 2