■独自に鍛えた“コメント返し力”

 1月16日放送のラジオ番組『相席スタートの密会Midnight』(文化放送)で、主にツッコミを務める山添寛(34)が、りんたろー。に聞いた話として兼近が独自に行っていた特訓について紹介した。

「兼近がインスタグラムのライブ配信をやって、寄せられた“全部のコメントにチャラく返す”という試みをしていたそうです。数えきれないほどのコメントをすべて返していたら鍛えられたというのです」(前出の月刊誌ライター)

 この特訓は笑いの現場での、とっさの判断にも役立っているようだ。2019年8月31日に放送されたテレビ番組『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演した際、EXITは番組後半でネタの披露を行った。しかし、出演したしていたオール巨人(68)らの反応は今ひとつ。ここで兼近が動いた。

「兼近は突然服を脱いで“ブリーチの箱のモデルのやつ!”といきなりモノマネを披露したんです。このモノマネにスタジオが爆笑。ネタへの反応が弱かったオール巨人も“力ある!”と絶賛したんです。瞬時にスタジオの空気を判断し、一気に笑いをとっていったのはさすがです」(前同)

 すでにその天才ぶりを周りに高く評価されているという兼近だが、さらに力をつけていくという。

「今の時点で素晴らしい実力を持っていますが、M−1や漫才についても勉強を始めていて、これからどんどん漫才や芸のスキルがついていくのでしょう。笑いについて知らなかっただけに、伸びしろは無限大。約11か月後、今年暮れのM-1で、優勝をかっさらう可能性はあると思いますよ」(前出の民バラエティ番組ディレクター)

 過去王者の偉業も学びはじめた、“天才”・兼近のさらなる成長で、EXITがM-1を獲る日は迫っている?

あわせて読む:
・EXIT兼近大樹「12時には寝る」多忙でも守る"意外な生活習慣”
・EXIT兼近大樹のモテが止まらない!?「DMを送ってきた女性芸能人」とは
・EXIT・りんたろー。への整形イジり!?「大きくする整形」

  1. 1
  2. 2