武田信玄の父である信虎が家督を継ぐ一年前のこと。のちに、その信玄と竜虎相搏つことになる上杉謙信(長尾景虎)の父の長尾為景も、越後守護代家の家督を継いだ。 彼は永正三年(1506)に急遽、父である能景の戦死を受けて、一八歳という若さで家督と守護代を継承。すると、あろうことかこの翌年に当時、越後守護だ…