■“アユ”は田中に勝てるのか!?

 田中への期待が高まる一方、“アユ”を演じる主演の安斉かれん(20)が目立たなくなってしまうのでは、という声もある。

「主演の安斉は2019年から活動している若手シンガーソングライターで、本格的な演技は今回のドラマが初挑戦。アニメ『ブラッククローバー』(テレビ東京系)でエンディングテーマを歌うなど、少しずつ知名度を上げていますが、演技に関してはまったくの未知数。田中に演技面で食われてしまわないか、少し不安ですね。今回の発表についても、“作品のドラマ化”と“安斉かれん・三浦翔平のW主演”という話題が報じられたときより、“田中みな実が悪女で出演”の方が、ネット上では明らかに話題になっています。

 ファースト写真集で爆発した田中みな実の人気。それに加えて、際立った悪役で怪演をみせれば、話題は彼女で持ち切りになるでしょう。今年4月からシーズン2が放送予定の『半沢直樹』(TBS系)で、堺雅人(46)演じる半沢を追い詰めた“悪役”、香川照之(54)の“顔芸”や土下座が大きな話題になったように、ということです。

 ドラマの注目度を上げるために田中をキャスティングしたのはいいものの、田中の活躍ばかりが目立ち、主役の“アユ”が消えてしまっては、制作サイドとしても、モデルの浜崎あゆみとしても、本意ではないでしょうね。ただ、今の田中には、それくらい勢いがありますよね」(女性誌記者)

“悪女”田中みな実に負けないインパクトを、主演の安斉かれんは視聴者に与えられるのか。放送を期待して待ちたい!

あわせて読む:
・田中みな実、女性憧れの美のカリスマが語る「女らしさ」とは?
・今年で引退!? 浜崎あゆみ「驚きの出産」気になる父親のウワサ
・宇垣美里、“あざとかわいい”婦人警官コスに「逮捕して」「みな実に負けるな」

  1. 1
  2. 2
  3. 3