■告白エピソードが現在の状況と酷似⁉

 記事によると、テレ東アナウンス部内には、報道番組、スポーツ番組、バラエティ番組など、幅広く活躍する鷲見アナに対しての“嫉妬が渦巻いていた”という。制作会社関係者は話す。

「過去にスポーツ選手との交際が一部ネットで報じられた女子アナを中心に、4人の女子アナが、仕事ができて、ルックスが良くてモテる鷲見アナをおとしめるために、カラオケ泥酔不倫疑惑を拡散したのでは、とささやかれています。鷲見アナは潔白を強く主張し、それは認められたものの、仕事に完全復帰させてもらえないこと、また、局内のドロドロの人間関係に嫌気が差して、テレ東を退社することに決めたのでしょう。

 先日の『家、ついて行って~』で鷲見アナは、“1週間に7人に告白された”以外にも、中学校時代の辛辣ないじめも告白していました。中学3年生で応援団長を務めた彼女が、みんなの前で仕切って話すのが気に入らない人がいたことをきっかけに、学年全員から無視されたこと、“死ね”と書かれた手紙が届いたことなどを明かし、ただ負けたくないのでみんなに話しかけていっていた、と語っていましたね。

 過去のモテていた話、嫉妬による周囲からのいじめ、それは今回、テレ東で彼女の身に起こったこととまったく同じ。そして、鷲見アナは今回のカラオケ不倫疑惑報道後も“潔白だから何も問題はない”と普通に出社し、仕事をこなしていた。そこも、中学時代のいじめがあった後も、負けたくないのでみんなに話しかけていっていた、というエピソードと近い。

 テレ東からの退社が迫ったこのタイミングで、鷲見アナが、現在とリンクする過去のプライベートな話を語ったのは、とても偶然とは思えない。それは、自らを“刺した”同僚アナへ“警告”を発したようにも取れます」

 制作会社関係者は続ける。

「また鷲見アナは、“大事な番組だからできる限りのことはしたい”と、番組に対して感謝の言葉を述べています。さらには、“テレビ東京には感謝の気持ちがいっぱいなのは事実なので”とコメントしていますが、この発言には少し含みがあるような気もしますよね。“会社には感謝の気持ちもある一方、アナウンス部には……”というニュアンスにも受け取れます。鷲見アナは番組を通じて、4人の女子アナや会社に抗議をしたのかもしれないですね」

 4月以降、多くの番組で鷲見アナの活躍を見られることを期待したい!

  1. 1
  2. 2
  3. 3