■夏目は忘年会で号泣……

 夏目は忘年会で長年にわたる番組の視聴率低迷を詫び、号泣したという。

「『あさチャン!』の視聴率は2~4%と、同時間帯の『ZIP!』(日本テレビ系)や『めざましテレビ』(フジテレビ系)の8~10%に比べると壊滅的な数字です。本来であれば早急の打ち切りやMCを代えるなど、テコ入れしなければならない成績。

 ただ、TBSには『半沢直樹』の続編をどうしても制作したいという思惑があり、打ち切りやリニューアルに踏み切れなかったといいます」(前出の民放キー局ディレクター)

 2013年7月クールに「日曜劇場」枠で放送されたドラマ『半沢直樹』。最終回は平成のテレビドラマで最高となる42.2%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、瞬間最高視聴率は46.7%を記録した。

「TBSは主演の堺雅人(46)サイドと数年にわたって交渉を重ね、ついに4月19日より続編が放送されることが決定しました。夏目は堺と同じ事務所に所属しているため、事務所に忖度して、『あさチャン!』を打ち切ることができなかったと関係者の間ではもっぱらです。

 ただ、『半沢』の続編が決定しましたから、ドラマの終了後、早ければ今秋の改編期で番組が打ち切られる可能性もあるのではないでしょうか」(前同)

 ホランがキャスターとして出演している『Nスタ』は、同時間帯視聴率トップの『news every.』(日本テレビ系)には負けているが、『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)と2位争いをしており、堅調だ。

「ホランは自身でも自虐的に話していますが、学生時代に女子アナ試験を全局受けて不合格になっています。にもかかわらず、『Nスタ』でキャスターとして出演し、他の番組でもMCを務めることも多い。

 入社倍率1000倍以上という狭き門を突破し、キー局のアナウンサーになったTBSの女子アナの中には、“落選組”なのに今、夕方の看板ニュース番組でキャスターを務めるホランを、疎ましく思っている人はいるでしょうね」(女子アナウォッチャー)

  1. 1
  2. 2
  3. 3