ビールやハイボールも! 新型コロナウイルス禍で…男の「家飲み」応援ガイドの画像
写真はイメージです

 新型コロナ禍で飲み会の自粛が続く日本列島。飲んべえに残された最後の喜びをより充実させる方法とは?

 終息の気配が見えず、今も感染拡大の真っただ中にある、新型コロナウイルス。仕事帰りにいつもの居酒屋に寄りたいけれど、感染したら一大事。しばらくは、自宅近くのコンビニでお酒を買っての家飲み――という日々が続きそうだ。

 だが、これはいい機会かもしれない。「コンビニのお酒の品ぞろえは、そこいらの酒屋も真っ青なレベル。ビールやチューハイ、ハイボールの定番銘柄の充実に加え、格安のコンビニ限定商品などもあってバラエティ豊か。家での一人飲みを、いくらでも充実させることができるんです」(フードライター)

 今なお進化を続ける、最新コンビニ酒のオススメを紹介。今夜の一杯は、これで決まり!

 まずはビール。やはり外せないのは、赤い星のマークが目印のサッポロ『サッポロラガービール』である。長年、業務用市場を中心に、大びん・中びんのみで販売されてきたが、家飲み需要の増加に応え、缶商品としてコンビニに並ぶようになり、改めて、その旨うまさに気づくお父サンが急増しているという。家飲みに詳しいフードライターの本橋隆司氏が、こう解説する。「ほどよい苦味と、しっかりした飲み応えの、まさに日本のビールです。昔から愛されてきたロングセラーだけあって、和食から洋食まで、どんな料理にも合うのが強みですね」

 プレミアムビールのブームを巻き起こすきっかけとなった、サントリー『ザ・プレミアム・モルツ』も家飲みには最適だ。「ふくよかで華やかな香りが特徴的で、その味わいはぜいたくそのもの。スパイス強めの味の濃いつまみより、シンプルな塩味との相性がいいですね」(前同)

 ビールよりも手頃な価格で楽しめるのが、発泡酒と新ジャンルのビール飲料。味はビールより落ちるが、懐事情で選んできたという人もいるかもしれない。しかし、そんな発泡酒・新ジャンルも近年、グッとレベルアップしているのだ。特に新ジャンルで注目なのは、サッポロの『サッポロゴールドスター』。「『ゴールドスター』は、香りとうま味がちょうどいいバランスで、本格的な味わいが楽しめます。さっぱりしたものからクセの強いもの、甘いものから辛いものまで、なんでも合う新たな王道の味です。新ジャンルを敬遠していた人にも、この機会に飲み比べてもらいたいですね」(同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4