(左より)田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、宮迫博之(雨上がり決死隊)、徳井義実(チュートリアル)
(左より)田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、宮迫博之(雨上がり決死隊)、徳井義実(チュートリアル)

 2019年6月の“闇営業”騒動で地上波から姿を消していたロンドンブーツ1号2号田村亮(46)。今年4月7日放送予定の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)にて、9か月ぶりに地上波復帰することが報じられた。

 2月の時点で同番組の出張版である『ロンドンハーツAbema特別編』(AbemaTV)には出演していた亮。彼の復帰が円滑に進んだのは、相方・田村淳(48)の存在があったからにほかならない。

「“闇営業”について亮と宮迫が会見を行った後、淳はメンタル面でもビジネス面でも非常に冷静かつ的確に亮をサポートしていました。落ち込みまくっていた亮に医師の診断と気分転換の旅行をすすめ、まずはメンタルケア。そして、亮に“今後も活動を続けたいか”を確認し、昨年11月、淳は株式会社LONDONBOOTSを立ち上げました。これにより、窓口として亮の仕事を把握できるようになった。

 さらに、今年1月末に行われた、亮の芸能活動復帰後初のトークライブ『family』では、2人で『ロンドンハーツ』関係者に対する感謝の念を強く語ったうえで“地上波に復帰するまで、亮は自分のYouTubeチャンネル『ロンブーチャンネル』には出さないと決めていた”と明言しています。余計な仕事を亮にさせず、じっくりと、最もお世話になっている『ロンドンハーツ』での地上波復帰に的を絞っていたことが分かりますね」(芸能記者)

 しっかり狙いを定めて地上波に復帰する道を作ってもらった亮。同じく闇営業騒動の当事者、雨上がり決死隊宮迫博之(50)や、巨額の申告漏れ騒動で大バッシングを受けたチュートリアル徳井義実(44)がいまだに復帰していないのを見ると、その差は歴然だ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3