■タイのバッドマンからの真面目なメッセージ

 ヴァイオリニストの高嶋ちさ子(51)は、コロナウイルスの影響で仕事がなくなってしまった音楽家たちを集めて、『テレワーク演奏』と題してコラボ動画を提供している。第1弾はエルガーの有名なクラシック曲『威風堂々』。第2弾では、ZARDの『負けないで』をそれぞれ披露している。

 業界では有名なチェリスト(チェロ奏者)達や、高嶋主催の『ゆかいな音楽会』、『わがまま音楽会』のメンバー、高嶋の家族などなど、多くの音楽家が協力して大人数で演奏を披露。第3弾以降の予定は不明だが、続報が非常に待ち遠しいチャンネルだ。今後も素晴らしいセッションを披露してくれることだろう。

 

 

 最後に、日本でも話題となった海外の楽曲を紹介しよう。英題で『Thai Batman fights coronavirus』という曲だ。歌っているのは、はタイ・ウドンタニ県の教師。

 アメコミヒーロー・バットマンの姿で奇抜なダンスを踊りながら、「コロナァ~コロナァ~」と歌う非常にシュールな動画を投稿し、話題となった。字幕機能で歌詞の和訳が確認できるが、実は歌詞は”マスクをしよう”、”食べ物のシェアは止めよう”、”医者の言いつけは守ろう”という、コロナに対する対策についてしっかりと説明しているまじめなもの。

 シュールな曲調とダンスに思わず笑ってしまうが、コロナ対策のためにも、ぜひ見てほしい。

 

 心が弱っているときほど、歌は明日への元気を与えてくれる。素敵な楽曲を提供してくれたアーティストの方々に、心から感謝したいーー。

  1. 1
  2. 2