ウエンツ瑛士&小池徹平の“裏かぶり共演”にWaTファン騒然の画像
小池徹平・ウエンツ瑛士

 4月6日放送の『クイズ!タイムトラベラー』(TBS系)で、タレントのウエンツ瑛士(34)がロンドンから帰国後、初となるMCに挑戦。その一方、音楽ユニットのWaTでともに活動していた小池徹平(34)が裏番組にゲスト出演し、ネット上では2人のファンからうれしい悲鳴が相次いだ。

 この番組は、ゲストがさまざまな時代をテーマにした5つのステージへタイムトラベルし、クイズにチャレンジするという新型クイズバラエティ。初放送となるこの日の番組冒頭、CGで本物そっくりに作られた恐竜2頭が戦うという大がかりな演出が披露されると、ゲストの賀来賢人(30)は「こんなクオリティの高いバラエティがあるんですね!」とそのスケールの大きさに驚きの声を上げた。

 そんな賀来に対し、タレントの渡辺直美(32)とともにMCを務めるウエンツは「これが世にいう“社運”をかけるということなんですよね」と、この番組にかけるTBSの意気込みをユーモアを交えて説明。久しぶりのMCだったにもかかわらず、その後もウエンツは留学前と変わらない軽妙なトークで番組を進めていった。

 その一方、小池は同時間帯に放送されていた『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の“超激辛チャレンジグルメ”に出演し、唐辛子やハバネロソースをふんだんに使った激辛タコライスにチャレンジ。あまりの辛さにギブアップしそうになる場面もあったが、1児の父だという小池は「家族がいるんですよ。頑張らないわけにはいかない」と自分を鼓舞し、なんとか完食することに成功した。

 2016年に解散したWaTの2人が同時間帯の番組に出演するという、放送局を越えた共演に、ファンからはうれしい悲鳴が続出。ネット上では「どっちも見たいよ。WaTファン泣かせだよ」「裏番組、どうしたらいいんだ」「やめて、私困る。どっちも大事すぎるもん」などといった反響が相次いでいた。

 中には、「ウエンツがMCやってる裏で小池徹平が激辛チャレンジする世界が来るとは、15年前は誰も思ってなかったろうな」という声も上がっていたが、WaT結成当初からのファンにとっては予想だにしない“裏かぶり”だったようだ。