■フジの帝王となった坂上

「ネットの声にもあるように、スポンサーなどの意向も踏まえつつ局の垣根を越えたコラボというのは注目ですよね。ただ、この異例のコラボが実現したのも坂上さんからの提案だったからではないでしょうか。というのも、日本テレビやテレビ朝日が視聴率3冠王争いを繰り広げる中で、フジテレビは蚊帳の外。

 まったく視聴率が振るわず、最近では10%を超えると表彰されるほどの低水準にまで落ち込んでいるんです。そんな中、坂上さんがMCを務める『バイキング』と『直撃!シンソウ坂上』は好調をキープしている。ただ、『どうぶつ王国』だけは視聴率が振るいませんでした。ところが、最近では『どうぶつ王国』もどんどん調子を上げているんです。長年、金曜日夜をリードしてきた『爆報! THE フライデー』(TBS系)を上回ることも。3月20日放送では視聴率9%台を記録し、金曜日の夜も坂上さんが制しようとしています。

 坂上さんはフジテレビの救世主であり、いわば同局の“帝王”として君臨している。今やフジテレビ関係者は坂上さんに足を向けて寝られないわけですから、坂上さんがテレ東とのコラボを持ちかけたら、局の上層部でも誰でも首を横に振ることはできない。坂上さんだからこそ、この企画が実現したのではないでしょうか」(制作会社関係者)

 2018年10月よりスタートした『どうぶつ王国』は、坂上が最も力を入れている番組だとも言われている。

「自腹で土地を購入するほどの気合いの入れようですからね。ただ、もともと坂上さんは日本テレビの『天才!志村どうぶつ園』に出演していて、スタッフやノウハウを自身の『どうぶつ王国』に持って行ったという話もあり、いまだに怒りをあらわにする日テレ関係者もいます。

 今回の『池の水』とのコラボをきっかけに、『志村どうぶつ園』と同様、坂上さんの中にはスタッフやノウハウを“自分の番組に”という思いもあるかもしれませんね……」(前出の制作会社関係者)

『坂上どうぶつ王国』と『池の水』の異例コラボで、フジテレビ内での坂上の立場はより盤石になる!?

あわせて読む:
・坂上忍、フジの帝王が「TBSの牙城」金曜日ゴールデンを抹殺する!
・相葉雅紀、『志村どうぶつ園』新MC就任で「打ち切り」危機を打破!
・志村けんを叩けたのはダウンタウン浜田雅功だけ!? 信頼関係の深さに感動

  1. 1
  2. 2