■さんまも理解できない木下の行動

 続けてさんまが、そこから木下が事務所をやめるに至ったのが理解できないと言うと、木本は、自身も濱口も「篠宮に謝れ」と木下に勧めていたが、謝らないまま8か月後に記事になったと説明。「思っている以上に、あいつの中では引っ張ってたんですね。ほんま、そういうやつじゃないし、悪いことしたら謝るし。今回に限ってはずーっと意地張って謝らなかった」と明かした。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「誤解がとけてよかった。木下さんには信用を取り戻すためにがんばってもらいたい」などと、騒動の経緯を聞けて良かったという声もあったが、「ちゃんとした話聞いても木下クソやんwww後輩の篠宮が頑張って笑いにしてイジってくれてんやん。篠宮かわいそすぎるやろ」などと、納得できないという声も少なくなかった。

 また、4月5日放送の『ワイドナショー』(同局系)で、木下が後輩芸人へのパワハラ行為を「すべて事実です」と認め謝罪していたことから、「本人がワイドナショーで謝罪した後に、相方の木本が“違うんです”って微妙に違う話して、なにがなにやら」などと、とまどう声もあった。

あわせて読む:
・宮迫4億円爆アゲ、TKO木下はジリ貧…愛想尽かされ芸人の明暗
・TKO木下、炎上ワード連発に猛批判!「ただのクビ」は決定的!?
・事務所退社連発!「TKO木下、安田美沙子、岡田結実」裏事情を探る

  1. 1
  2. 2